Rakuten infoseek

辞書

夷狄【いてき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

夷狄
いてき
Yi-di; I-ti
中国人が古代に周辺の諸民族を卑しんで呼んだ名称自国天下の中心として諸夏華夏などと称した。夷の語が発展して東夷西戎 (せいじゅう) ,南蛮北狄の名称となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

い‐てき【××狄】
《古代中国で、東方未開国を夷、北方のそれを狄といったところから》未開の民や外国人。野蛮な民族。→東夷北狄

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いてき【夷狄 Yí dí】
中国の周辺地域に存在する異民族。一般に〈東夷,北狄,南蛮,西戎〉とよばれるが,《周礼(しゆらい)》職方氏では四夷,八蛮,七閩(びん),九貉(はく),五戎,六狄,《礼記(らいき)》明堂位篇や《白虎通》礼楽篇では九夷,八蛮,六戎,五狄など,そのかぞえかたはさまざまである。ところで〈夷狄〉は民族的,地理的概念であるとともに,よりすぐれて〈華夏〉つまり中国の対極をなす政治的,文化的概念であった。いわゆる中華思想の所産であって,夷狄は華夏の〈礼楽〉すなわち文化と道義性の欠如体にほかならず,人間と禽獣の中間の存在とさえみなされた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いてき【夷狄】
は東方の蛮人、は北方の未開人の意
未開の人。えびす。野蛮人。 → 東夷北狄
外国人を、軽蔑したり敵意をもったりして呼ぶときに使う語。 -を打ち払う

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

夷狄
いてき
中国の黄河中流域に住む漢民族が、外辺の異民族に対してつけた蔑称(べっしょう)。戎狄(じゅうてき)、蛮夷(ばんい)という呼び方もある。元来、戎とか狄とかよばれた種族は、中国の内地にも雑居していた。夷は山東省から淮河(わいが)下流方面に住んでおり、殷(いん)王朝とも交渉があったし、狄((てき)とも書く)は山西省南部にいて、周王室や晋(しん)とも深い関係があった。春秋時代の斉(せい)の桓公(かんこう)は隣接する戎を討って覇者となったが(尊王攘夷(じょうい))、戦国時代になると内地の戎や狄はしだいに中央集権国家に吸収され、かわって外辺の異民族が夷狄、戎狄、蛮夷として登場してきた。これらには中国の王者の徳がまだ十分に及んでいないが、やがては中華の文化に浴し、帰服するはずの存在とみなされていた。方角に当てはめて、東夷(とうい)、西戎(せいじゅう)、南蛮(なんばん)、北狄(ほくてき)と表現された場合もある。このように自己の文化を最高と考え、それ以外の民族や国家を夷狄、蛮夷と見下す中華思想は、中国以外でも幕末日本の攘夷思想のように日本や朝鮮でも再生産された。[小倉芳彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

い‐てき【夷狄】
〘名〙 (古代中国において東方の未開国を「夷」、北方のそれを「狄」といったところから) 辺境の民族や外国人を、野蛮人と卑しめていう語。
※三代格‐六・承和一一年(844)九月八日「警国之事、昼夜不休、夷狄之情、貪慾為業」
※平家(13C前)六「夷狄の蜂起耳を驚し」 〔論語‐八佾〕
[語誌]日本では外冦や朝敵に対して用いるほか、転じて地方人を道理をわきまえないものとして卑しめる意味にも使われた。また近世末期になると攘夷思想と関連して欧米列国に対して用いた例が見られるようになる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

夷狄
いてき
古来,漢民族が周辺異民族を軽蔑して呼んだ名称
漢民族は自国を中夏・中華・華夏・中国などと美称して,先進文明国であることを誇ったのに対し,漢民族以外の民族を礼教文化をもたないものとして卑しんだ。中国の天子は天下(世界)に君臨して異民族を徳化し,服従させるべきという古来の考え方が,ながく中華思想として支配的だった。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

夷狄」の用語解説はコトバンクが提供しています。

夷狄の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.