Rakuten infoseek

辞書

失脚【シッキャク】

デジタル大辞泉

しっ‐きゃく【失脚】
[名](スル)
失敗したり陥れられたりして、地位や立場を失うこと。「失言がもとで大臣が失脚する」
《「脚」を金銭の意の「あし」に通わせて》かかった費用。失費。
「さのみ―もかからず」〈・古今堪忍記〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しっきゃく【失脚】
スル
足を踏みはずす意
地位や立場を失うこと。 汚職が明るみに出て-する 政敵の-を謀る

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しっ‐きゃく【失脚】
〘名〙
① 足を踏みはずすこと。つまずくこと。
※田氏家集(892頃)上・春日仮景訪同門友人「世上崎嶇多失脚、花前暗淡不心」
※歩兵操典(1928)附録「河底通常不良にして失脚し易く」 〔白居易‐東南行一百韻詩〕
② それまでの地位や立場を失うこと。
※御伽草子・秋の夜の長物語(南北朝)「朝々暮々風塵底、失脚誤生三十年」
※それから(1909)〈夏目漱石〉一五「自分がもし失脚(シッキャク)して、彼と同様の地位に置かれたら」
③ (「脚」は「足」で、金銭の意) 費用のかかること。失費。
※浮世草子・古今堪忍記(1708)七「時々は気ばらしにと親もとへ帰して、十日も廿日も口過をさせつれば、さのみ失脚もかからず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

失脚」の用語解説はコトバンクが提供しています。

失脚の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.