Rakuten infoseek

辞書

夫人【フジン】

デジタル大辞泉

ふ‐じん【夫人】
貴人の妻。また、他人の妻を敬っていう語。「夫人同伴」「令夫人」「社長夫人
律令制で、皇后の次に位する後宮(こうきゅう)の女性。三位以上の女性から選んだ。ぶにん。
昔、中国で、天子(きさき)や諸侯の妻などの称。ぶにん。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぶ‐にん【夫人】
ふじん(夫人)」に同じ。
「日本の国王の―丹治比の嬢女(をみな)の胎(はら)に」〈霊異記・下〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぶにん【夫人】
天皇のキサキの称。後宮職員令によれば定員3名で,位階は三位以上とされていた。(ひ)の下位,(ひん)の上位に位置づけられた。大臣クラスの有力者の家の子女が多く任命された。9世紀に入って女御・更衣制度が導入されると,これが置かれることは少なくなり,嵯峨朝を最後として史上から姿を消す。その封禄は女は男の半分という原則から外され,全給されることになっていた。後宮玉井 力】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ふじん【夫人】
他人の妻を敬っていう語。奥様。 A 氏- -同伴
貴人の妻。 公爵-
ぶにんとも 律令制で天皇の後宮の一。皇后・妃に次ぎ、諸王・諸臣から出、一位から三位の位を授けられる。定員三名。平安期以降は、妃・嬪ひんの号とともに次第に用いられなくなり、中宮・女御にようご・更衣などの称が一般的になる。おおとじ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぶにん【夫人】
呉音
ふじん(夫人)に同じ。 摩耶まや

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

夫人
ふじん
(りょう)制の後宮における地位の一つ。「ぶにん」とも読む。皇親出身の妃(ひ)に次ぎ、嬪(ひん)の上に位置し、定員3名。三位(さんみ)以上を原則とし、大臣の女(むすめ)などが多い。聖武(しょうむ)天皇の夫人藤原光明子(こうみょうし)をはじめ、夫人から皇后にのぼった例も二、三ある。しかし平安初期から現れた女御(にょうご)の地位がしだいに向上するに及び、嵯峨(さが)天皇の夫人藤原緒夏(おなつ)を最後として廃絶した。また天皇の母にして夫人位にあるものを皇太夫人といい、とくに中宮職(ちゅうぐうしき)を付置されて后位に准ずる優遇を受けたが、これも醍醐(だいご)天皇の養母藤原温子(おんし)を最後として廃絶した。[橋本義彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ハシカシ【夫人】
〘名〙 古代朝鮮語(百済語)で、夫人をさした語。
※書紀(720)一四・雄略二年七月(図書寮本訓)「〈百済新撰に云ふ〉〈略〉百済慕尼夫人(ハシカシ)の女の」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふ‐じん【夫人】
〘名〙 (「夫」は扶で、おっとを助けるの意)
① 昔、中国で、天子の妃。また、諸侯の妻。ぶにん。
※源氏(1001‐14頃)賢木「戚夫人の見けん目の様にあらずとも」 〔礼記‐曲礼下〕
② 令制で、後宮の女性の地位の一つ。皇后、妃につぎ、令の規定では三位以上の女性から選ばれ、三人置くことができた。〔令義解(718)〕
③ 貴人の妻。
※大和法隆寺文書‐天平宝字五年(761)法隆寺縁起并資財帳「正三位橘夫人宅奉請坐者」
④ 他人の妻を敬っていう語。
※江戸繁昌記(1832‐36)四「借とひ富豪に贖なはれ(〈注〉うけだされ)し、紅袖翠裾、象箸金碗、夫人尊姐(〈注〉ゴシンゾサンヤヲクサン)と呼るるも」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぶ‐にん【夫人】
〘名〙 (「ぶ」「にん」は、それぞれ「夫」「人」の呉音) =ふじん(夫人)
※勝鬘経義疏(611)序「則為阿踰闍友称夫人三従之礼」 〔色葉字類抄(1177‐81)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

夫人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

夫人の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.