Rakuten infoseek

辞書

太陽X線【たいようえっくすせん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

太陽X線
たいようえっくすせん
太陽コロナから放射される波長0.1~50ナノメートルの放射光。太陽X線のスペクトルには、連続スペクトルと輝線スペクトルがある。前者は、高速で運動している電子がイオンの近くを通過する際に、強い電気力で運動方向が急に曲げられるが、このとき放射されるものであり、後者は、イオンそれ自身がエネルギーの高い準位から低いエネルギー状態に移るときに、放射されるものである。太陽コロナやフレアから放射される強いX線は、科学衛星に搭載されたX線望遠鏡により観測され、コロナやフレアの研究に役だっている。[日江井榮二郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

太陽X線」の用語解説はコトバンクが提供しています。

太陽X線の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.