Rakuten infoseek

辞書

太陰暦【たいいんれき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

太陰暦
たいいんれき
lunar calendar
月の朔望を基準として日数を区切る暦。月は平均 29.53059日 (1朔望月 ) の周期で規則正しく満ち欠けするので,太陰暦は自然に発生した。大部分の古代の暦は太陰暦として出発したが,のちに太陰太陽暦に変っていった。現在トルコ,ペルシアアラビア,エジプトなどのイスラム教徒の使っているイスラム暦は唯一の純太陰暦である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たいいん‐れき【太陰暦】
月の満ち欠けを基準にして作った暦。1朔望月(さくぼうげつ)は29.5306日なので29日と30日の月を組み合わせて1年を12か月とし、30年に11回の割合で30日の月を二度続ける。季節とは合わない。現行のものはイスラム暦のみ。広くは太陰太陽暦を含めていう。陰暦。→太陽暦

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

占い用語集

太陰暦
月の運行のみを基本とする暦法。陰暦とも呼ぶ。月の公転周期(太陰暦における一ヶ月)は29.53日で、これを12回繰返すと354.36日(太陰暦における1年)となる。地球の公転周期は365.2422日なので、10.88日ほど足りなくなる。太陰暦による暦は実際の季節とはかみ合わない。

出典:占い学校 アカデメイア・カレッジ
Copyright (C) 2007 AKADEMEIA COLLEGE All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たいいんれき【太陰暦 lunar calendar】
月の満ち欠けの周期である1朔望月(さくぼうげつ)を基にして組み立て,季節と月日との調節を考えない暦。1望月は29日半であるから,その12ヵ月の1年は1太陽年より11日短い。したがってある年に正月が冬至のころとすれば8年ほどで秋分のころ,16年か17年で正月が夏至のころというぐあいになる。日常生活にはたいへん不便であるからあまり使われない。イスラムの人たちが宗教的行事に用いているヒジュラ暦(イスラム暦)が太陰暦として著名である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たいいんれき【太陰暦】
月の運行を基準として定めた暦法。純太陰暦は朔望月をもとにして日を数えるので、1年は約354日となり季節の推移に合わなくなる。イスラム暦がその例。また太陰太陽暦を含めていうこともある。陰暦。 → 太陽暦

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

太陰暦
たいいんれき
月の満ち欠けの周期の朔望(さくぼう)月(29.53059日)だけを基本周期として日を数える暦法。略して陰暦ともいう。したがって季節の循環周期に無関係であり、農事には適さない。暦の発生当時はいずれの民族・国家でも太陰暦であったであろうと考えられるが、現在この暦法に従うものとしてはイスラム暦(マホメット暦、回回(フイフイ)暦)だけである。広義には太陰太陽暦をも含めて太陰暦というが、とくに区別する必要があるときには太陰暦を純太陰暦という。[渡辺敏夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たいいん‐れき【太陰暦】
〘名〙 太陰月を基にして作った暦。小月(二九日)と大月(三〇日)とを適当に配列して、暦のうえの一月の平均の長さを一太陰月(約二九・五三日)に等しくして、一年を一二か月としたもの。イスラム暦がこれにあたる。陰暦。なお太陰太陽暦をいうこともある。⇔太陽暦
※太政官布告第三百三十七号‐明治五年(1872)一一月九日「今般太陰暦を廃し太陽暦御頒行相成候に付」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

太陰暦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

太陰暦の関連情報

他サービスで検索

「太陰暦」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.