Rakuten infoseek

辞書

太政大臣【だじょうだいじん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

太政大臣
だじょうだいじん
(1) 律令官制の最高官で,「だいじょうだいじん」と読まれた。左右大臣の上に位置する太政官の長官であるが,特に職掌は定められておらず『大宝令』では適任者がなければおかない則闕の官であった。天智 10 (671) 年大友皇子が任命されたのが最初。その後令制の制定によってその制度が明確となった。天平宝字4 (760) 年に藤原仲麻呂が大師と名称を改め任命され,天平神護1 (765) 年に道鏡が太政大臣禅師として任命された。天安1 (857) 年藤原良房が任じられてからは藤原氏や源氏が相次いで任命されている。一位相当官で,封戸職田年給などの俸禄も最高であった。

(2) 明治4 (1871) 年7月 29日の官制改革により,政治の最高機関となった正院を司るために設けられた官職。太政大臣は,天皇を輔翼,庶政を総判,祭祀,外交,宣戦,講和,立約の権,海陸軍の統治および宮中軍務を任とした。 1877年1月 18日正院廃止ののちも,85年 12月 22日太政官達 69号にその職制が廃されるまで,明治初期政治の中枢に位置し国事を掌握した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おおいまつりごと‐の‐おおまえつぎみ〔おほいまつりごと‐おほまへつぎみ〕【太臣】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おおき‐おおいどの〔おほきおほいどの〕【太臣】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おおき‐おおいもうちぎみ〔おほきおほいまうちぎみ〕【太臣】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おおき‐おとど〔おほき‐〕【太臣】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おおまつりごと‐の‐おおまつぎみ〔おほまつりごと‐おほまつぎみ〕【太政大臣】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だいじょう‐だいじん〔ダイジヤウ‐〕【太政大臣】
律令制で、太政官の最高の官。適任者のない場合は「則ち闕(か)く」として欠員とするので、則闕(そっけつ)の官ともいう。おおきおおいもうちぎみ。おおきおとど。
だじょうだいじん(太政大臣)2

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だじょう‐だいじん〔ダジヤウ‐〕【太政大臣】
だいじょうだいじん(太政大臣)1
明治新政府の職名。明治4年(1871)設置。太政官の長官で、国政を総轄し、陸・海軍を統帥した。同15年廃止。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

だいじょうだいじん【太政大臣】
令制における太政官(だいじようかん)の最高の官職で,日本固有の職。和訓では〈おおまつりごとのおおまえつぎみ〉といい,唐名では(大)相国。令では唐の三師(太師太傅太保),三公(太尉,司徒司空)を兼ねる重職と位置づけられ,適任者のない場合には欠員とされ,〈則闕(そつけつ)の官〉ともいわれた。その具体的な職掌は令文にも記されておらず,〈非分掌之職〉であった。初見は《日本書紀》天智10年(671)正月条に大友皇子を任じた記事であるが,これは〈百揆を総べ〉〈万機を親くす〉る,いわば摂政にも比すべき国政の総理者であり,令制のそれとは異なる存在である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

だじょうだいじん【太政大臣】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おおきおおいどの【太政大臣】
だいじょうだいじん(太政大臣)」に同じ。 「 -の君だち/源氏 若菜上

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おおきおおいもうちぎみ【太政大臣】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おおきおとど【太政大臣】
だいじょうだいじん(太政大臣)」に同じ。 「 -の御ふみなり/蜻蛉

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おおきまつりごとのおおまえつぎみ【太政大臣】
だいじょうだいじん(太政大臣)」に同じ。 「大友皇子を-に拝す/日本書紀 天智訓

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おおまつりごとのおおまえつぎみ【太政大臣】
だいじょうだいじん(太政大臣)」に同じ。 〔名義抄〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だいじょうだいじん【太政大臣】
律令制で、太政官を総括する官職。左右大臣の上位に位置するが、適任者がなければ欠官とされた(則闕官そつけつのかん)。職掌も定められておらず名誉職としての色彩が濃く、関白・摂政・内覧などの宣旨を伴わないかぎり実権はないものとされた。おおいまつりごとのつかさ。おおきまつりごとのおおまちぎみ。おおまつりごとのおおまえつぎみ。おおきおおいもうちぎみ。おおきおおいどの。おおきおとど。大相国。
明治政府の太政官の最高官職。天皇を助け、国政全般を統轄する。1871年(明治4)設置。85年廃止。一般に律令制におけるものと区別して、慣習的に「だじょうだいじん」と読まれる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だじょうだいじん【太政大臣】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おおき‐おおいどの おほきおほいどの【太政大臣】
※源氏(1001‐14頃)若菜上「おほきおほいどのの君たち、頭弁・兵衛佐大夫の君など」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おおき‐おおいもうちぎみ おほきおほいまうちぎみ【太政大臣】
〘名〙 令制における太政官の最高の官。職員令によれば、「師範一人形四海」、すなわち天皇にとっても、天下にとっても範となるような人を任ずるもので、適当な人がなければ欠員とした。これを則闕(そっけつ)の官という。おおきおとど。おおきおおとの。おおいまつりごとのつかさ。おおきまつりごとのおおまちぎみ。だいじょうだいじん。
伊勢物語(10C前)九八「おほきおほいまうちぎみときこゆるおはしけり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おおき‐おとど おほき‥【太政大臣】
※伊勢物語(10C前)一〇一「おほきおとどの栄花のさかりにみまそかりて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おおまつりごと‐の‐おおまえつぎみ おほまつりごとおほまへつぎみ【太政大臣】
〘名〙 =おおきおおいもうちぎみ(太政大臣)〔観智院本名義抄(1241)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おおまつりごと‐の‐おおまつぎみ おほまつりごとおほまつぎみ【太政大臣】
〘名〙 =おおきおおいもうちぎみ(太政大臣)〔二十巻本和名抄(934頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だいじょう‐だいじん ダイジャウ‥【太政大臣】
〘名〙
① 令制で、国政の最高機関である太政官の最高の官。国政を総裁する。左右大臣の上に位置するが、適任者がなければ則(すなわち)(か)くとされるので、これを則闕(そっけつ)の官という。おおきおとど。おおきおおとの。おおきまつりごとのおおまちぎみ。おおきおおいもうちぎみ。
※令義解(718)職員「太政大臣一人 右師範一人。儀形四海。経邦論道。燮理陰陽。无其人則闕」
※平家(13C前)一「六波羅の入道前太政大臣(ダイジャウだいジン)(高良本ルビ)平朝臣清盛公と申し人のありさま」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だじょう‐だいじん ダジャウ‥【太政大臣】
〘名〙
※中家実録(1285頃か)一「太政官 駄譲願〈略〉太政大臣之太政之訓、尤同唱也」
② 天皇の政務をとる正院にあって、天皇を補佐し、あらゆる政務を総括する最高責任者。明治四年(一八七一)七月、太政官の改組によって置かれた。現在の内閣総理大臣にあたる。勅任官。同一八年、内閣制度への移行により廃止。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

太政大臣」の用語解説はコトバンクが提供しています。

太政大臣の関連情報

他サービスで検索

「太政大臣」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.