Rakuten infoseek

辞書

太平記読【たいへいきよみ】

精選版 日本国語大辞典

たいへいき‐よみ【太平記読】
〘名〙 江戸初期に、路傍などで人を集め、「太平記」やその他の軍記を台本として講釈し、金品をもらうこと。また、その人。後世の講釈師の祖。太平記講釈
※厳島野坂文書‐(年未詳)(1590‐91頃)五月二四日・山城守就長書状「此後御事は大平記よみ一人めされ出し候までにて候」
[語誌]もともと中世僧侶によって始められた〔蔭凉軒日録‐文正元年(一四六六)閏二月六日〕が、近世になって「太平記評判秘伝理尽鈔」が板行されたことにより、これを台本とする太平記読みが興隆した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

太平記読」の用語解説はコトバンクが提供しています。

太平記読の関連情報

他サービスで検索

「太平記読」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.