Rakuten infoseek

辞書

天頂【てんちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

天頂
てんちょう
zenith
地球上の観測者を通る鉛直線上方天球と交わる点。天球上のその対蹠点を天底といい,ともに球面天文学上重要な点である。地球が完全な球形でなく,かつ自転による遠心力が働くため,観測者と地球の中心を結ぶ直線が天球と交わる点は,天頂からわずかにはずれており,これを地心天頂という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

てん‐ちょう〔‐チヤウ〕【天頂】
いただき。頂上。
観測地点における鉛直線が上方で天球と交わる点。天頂点。⇔天底

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

てんちょう【天頂 zenith】
天球の中心を観測者としたとき,そこにおける鉛直線を延長すると天球で2点と交わる(図)。その上方の交点を(天文)天頂,下方を(天文)天底という。地球上の1点から準拠楕円体におろした法線の延長が天球と交わる2点のうち,上方の交点を測地天頂,下方を測地天底という。楕円体である地球の中心から観測者を通る直線が天球と交わる2点のうち,上方の交点を地心天頂,下方を地心天底という。地心天頂と測地天頂は,観測者が地球の南北の極か赤道上にいる場合以外は一致しない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

てんちょう【天頂】
観測者を貫く鉛直線を真上に延ばして天球と交わる点。天頂点。 ⇔ 天底
てんじょうとも 物のいちばん高い所。てっぺん。 (笈ノ)-には四尺五寸の大太刀を/義経記 7

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

天頂
てんちょう
ここでは天文天頂とよばれるものをさすことにする。これは鉛直線(地球の重力の方向。地球の重力とは、地球の引力と自転遠心力の合力をいう)を上方に延長し、天球と交わった点をいう。天頂はその定義から明らかなように、高度90度の点である。天頂から天体までの角距離を天頂距離といい、これは高度の余角(直角になる二つの角の一方)である。天頂と天の北極(地球の自転軸を延長した直線が天球と交わる点のうち北のものをいい、南のものは天の南極という)を通る大円が子午線である。
 天頂では大気差(大気による光の屈折のため、本来の位置より星が天頂方向にずれて見えること)が理論上なくなるので、精密な緯度や時刻の決定には、日周運動により天頂のきわめて近くを通る恒星の天頂距離や子午線通過時刻を観測する。このため、つねに天頂を向くようにつくられた特別の望遠鏡を天頂儀という。[大脇直明]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てん‐ちょう ‥チャウ【天頂】
〘名〙
① 天。そら。また、いただき。かしら。てっぺん。頂上。〔張説‐三月二十日詔宴楽遊園詩〕
② 地球上の任意の観測点における鉛直線が上方で天球と交わる点。天頂点。⇔天底
※管蠡秘言(1777)「天頂・地平・底極は、人の見る所よりこれを名く。〈略〉其頂に当て仰で見るの処を、天頂と名づく」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天頂」の用語解説はコトバンクが提供しています。

天頂の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.