Rakuten infoseek

辞書

天王寺屋【てんのうじや】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

天王寺屋
てんのうじや
(1) 室町安土桃山時代豪商,津田氏。室町時代に新次郎,又四郎その他があり,日明貿易にも加わったことがあるが,安土桃山時代には津田宗及が茶匠としても名高く,宗及の子江月和尚も有名である。 (2) 江戸時代の大坂の豪商。姓,大眉 (おおまゆ) 氏。代々五兵衛を名のった。1世五兵衛は,慶長年間 (1596~1615) 金銭売買を始め,また手形の発行を案出して,大坂両替商の先駆者となった。 (→十人両替 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

てんのうじ‐や〔テンワウジ‐〕【天王寺屋】
室町後期から安土桃山時代にかけての堺の豪商津田氏の屋号。宗達宗及は堺の三十六人会合衆(えごうしゅう)の一人で、茶人としても有名。
江戸時代の大坂の豪商。姓は大眉(おおまゆ)氏。両替商として繁栄。
歌舞伎俳優中村富十郎、およびその一門屋号

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

天王寺屋
歌舞伎役者の屋号のひとつ。中村富十郎、中村新五郎などが使用。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

てんのうじや【天王寺屋】
室町・安土桃山時代の堺の豪商津田氏の屋号。宗及そうきゆうの時、織田信長・豊臣秀吉の知遇を得て栄えた。宗伯・宗達・宗及・宗凡は茶人としても著名。
江戸時代の大坂十人両替屋の一つ。代々天王寺屋五兵衛と称した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

天王寺屋
てんのうじや
(1)室町末期~安土(あづち)桃山時代の堺(さかい)の豪商。姓は津田氏。寛正(かんしょう)~明応(めいおう)期(15世紀後半)に新次郎、又四郎らの名がみえ、日明(にちみん)貿易にも加わったことが知られる。天王寺屋の基礎を築いた宗柏(そうはく)(1444―1537)は、古今(こきん)伝授、茶の湯を学んだ風流人でもあった。その子宗達(そうたつ)、孫宗及(そうきゅう)はともに堺三十六人会合(えごう)衆に名を連ねた。宗及は、織田信長が堺に矢銭を課したおり、これを受けて兵火を免れしめたという。
(2)江戸時代の大坂の豪商。姓は大眉(おおまゆ)氏。代々五兵衛(ごへえ)を名のる。初代五兵衛は、江戸初期大坂で初めての両替屋を始め、手形の振出しを創案したという。幕府の御用両替、諸藩の蔵元(くらもと)・掛屋(かけや)を勤めて繁栄し幕末に至った。[川上 雅]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てんのうじ‐や テンワウ‥【天王寺屋】
[一] 江戸時代、大坂で勢力をもった十人両替屋の筆頭。慶長年間(一五九六‐一六一五)金銭の売買を始めた天王寺屋五兵衛にはじまる。
浮世草子日本永代蔵(1688)一「新屋、天王寺(テンワウジ)屋などの十貫目入の銀箱(かねばこ)
[二] 室町・安土桃山時代の堺の豪商、津田一族。家号を天王寺屋と称した。宗伯、宗達、宗及、宗凡らは茶人としても有名である。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天王寺屋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

天王寺屋の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.