Rakuten infoseek

辞書

天狼【てんろう】

大辞林 第三版

てんろう【天狼】
俳句雑誌。「馬酔木」を脱した山口誓子が西東三鬼さいとうさんき・橋本多佳子らと1948年(昭和23)奈良で創刊。戦後の俳壇に大きな影響を与えた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

てんろう〔テンラウ〕【天狼】
日本の俳句雑誌。昭和23年(1948)、西東三鬼橋本多佳子らが山口誓子を擁立して同人誌として創刊。のち、誓子主宰誌となる。平成6年(1994)3月に誓子が没し、同年6月をもって廃刊

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

てんろう【天狼】
俳句雑誌。西東三鬼,橋本多佳子らが,山口誓子を囲む同人誌として1948年(昭和23)1月に創刊。誓子は創刊号で,〈酷烈なる俳句精神〉〈鬱然たる俳壇的権威〉を実現したいと述べたが,三鬼のニヒリズム,永田耕衣の東洋的無,平畑静塔の俳人格などは,俳句精神の根源を探求した成果であり,昭和20年代の俳壇に活気をもたらした。その後は誓子の主宰誌的性格を強め,今日に至っている。【坪内 稔典】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

てんろう【天狼】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

天狼
てんろう
俳句雑誌。1948年(昭和23)奈良で創刊。文学的主張の相違から『馬酔木(あしび)』を辞した山口誓子(せいし)が、西東三鬼(さいとうさんき)、橋本多佳子(たかこ)、榎本(えのもと)冬一郎らの擁立を受け、同人誌として出発させた。創刊号に「酷烈なる俳句精神」「鬱然(うつぜん)たる俳壇的権威」を掲げ「素手によって生命(根源)を把握」という根源探求に専心し、第二次世界大戦後の俳壇に大きな影響を与えた。創刊時の同人にはほかに、秋元不死男(ふじお)、平畑静塔(せいとう)らがいる。のちに右城暮石(ぼせき)、横山白虹(はくこう)、沢木欣一(きんいち)、佐藤鬼房(きぼう)、鈴木六林男(むりお)らを加えた。選句欄「遠星集」の充実により、誓子主宰誌となった。以後、誓子の強いイニシアティブの下で発行が続いたが、93年(平成5)、誓子が自身の体力と視力の低下を理由に終刊を決定。翌94年3月、誓子が死去し、同年6月、「終刊号」の発行を最後に廃刊された。[鷹羽狩行]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てんろう テンラウ【天狼】
[一] =てんろうせい(天狼星)《季・冬》
※暦象新書(1798‐1802)上「天狼・大角・織女の如きの恒星は、土星天より外に在て、而も光輝却而強盛なるは何ぞや」 〔楚辞‐九歌・東君〕
[二] 俳句雑誌。昭和二三年(一九四八)一月創刊。主宰は山口誓子。物の根源の追求を主張、「根源俳句」で俳壇の論議の対象となり、注目をあびた。平成六年(一九九四)六月にて終刊。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天狼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

天狼の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.