Rakuten infoseek

辞書

天正【テンショウ】

デジタル大辞泉

てんしょう〔テンシヤウ〕【天正】
安土桃山時正親町(おおぎまち)天皇後陽成天皇の時の年号。1573年7月28日~1592年12月8日。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

てんしょう【天正】
年号(1573.7.28~1592.12.8)。元亀の後、文禄の前。正親町おおぎまち・後陽成天皇の代。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典

てんしょう【天正】
日本の元号(年号)。安土桃山時代の1573年から1592年まで、正親町(おおぎまち)天皇、後陽成(ごようぜい)天皇の代の元号。前元号は元亀(げんき)。次元号は文禄(ぶんろく)。1573年(元亀4)7月28日改元。兵革(戦乱)の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『文選(もんぜん)』『老子(ろうし)』を出典とする命名。天正年間の室町幕府の将軍は足利義昭(よしあき)(15代)。ただし、義昭は1573年(天正1)7月に織田信長(のぶなが)によって京都から追放されたため、将軍として何の実権ももたなかった。天正年間は、織田信長と豊臣秀吉による織豊政権期(安土桃山時代)の大部分を占める。その前半は、反織田勢力による包囲網が破綻し、信長の覇権が確定した時期。1573年(天正1)8月には、朝倉義景(よしかげ)、次いで浅井長政(あざいながまさ)が信長に攻められて自害し、同年12月には松永久秀(ひさひで)が降伏した。武田信玄の死後、武田勝頼(かつより)が信長と徳川家康に敵対していたが、1575年(天正3)に織田・徳川の連合軍に大敗(長篠(ながしの)の戦い)、1578年(天正6)には上杉謙信(けんしん)が死去し、翌1579年(天正7)には天下統一の拠点、安土城の天主が完成している。しかし、1582年(天正10)に本能寺の変が起こって信長が死去し、覇業は豊臣秀吉が引き継いだ。1590年(天正18)の小田原の役で北条氏直(うじなお)が降伏したことで、秀吉は実質的に天下統一を達成した。この間の1586年(天正14)、正親町天皇は皇孫の後陽成天皇に譲位した。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てんしょ【天正】
〘名〙 (「てんしょう(天正)」の変化した語) 天正カルタ。また、それを用いてするカルタ賭博(とばく)
※浄瑠璃・傾城阿波の鳴門(1768)八「此方も粋方(すゐはう)の女房なら、ちっとてんしょでも覚えさうな物ぢゃがな」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てんしょう テンシャウ【天正】
戦国時代、正親町(おおぎまち)・後陽成両天皇の代の年号。元亀四年(一五七三)七月二八日に戦乱のため改元、天正二〇年(一五九二)一二月八日に文祿元年となる。織田信長、豊臣秀吉の活躍期。出典は「文選」に収められる潘岳の「藉田賦」の「高以下為基、民以食為天、正其末者端其本、善其後者慎其先」。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天正」の用語解説はコトバンクが提供しています。

天正の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.