Rakuten infoseek

辞書

天智天皇【てんぢてんのう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

天智天皇
てんぢてんのう
[生]推古33(625)/推古34(626)
[没]天智10(671).12.3. 近江,大津
第 38代の天皇 (在位 668~671) 。名は天命開別天皇 (あめみことひらかすわけのみこと) ,また中大兄皇子 (なかのおおえのおうじ) ,葛城皇子ともいう。舒明天皇の皇子,母は皇極 (斉明) 天皇。天武天皇は同母弟。持統天皇,大友皇子らの父。皇極4 (645) 年中臣鎌足らと蘇我氏を討ち大化改新断行孝徳,斉明両朝の皇太子として,また斉明崩御後も政治の実権を握り (称制) ,近江遷都後の天智7 (668) 年即位。治政の根幹天皇制的中央集権の強化にありと考え,中国の制度,文物を積極的に移入し,近江令制定,戸籍の整備などを行なった。治世中は漢詩文が盛んで,その影響を受けた和歌新風がもたらされた。『万葉集』に長歌1首,短歌3首を残している。陵墓は京都市山科区御陵上御廟野町の山科陵。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天智天皇
てんじてんのう
天智天皇」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天智天皇
てんちてんのう
天智天皇」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

てんじ‐てんのう〔テンヂテンワウ〕【天智天皇】
[626~672]第38代の天皇。在位668~672。舒明天皇の第2皇子。母は皇極天皇斉明天皇)。藤原鎌足の協力で蘇我氏を滅ぼし、皇太子として大化の改新を断行。斉明天皇後、称制をとり、近江(おうみ)大津宮遷都ののち即位。庚午年籍(こうごねんじゃく)を作り、近江令を制定し、内政の整備に努めた。中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)。葛城皇子(かずらきのおうじ)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てんち‐てんのう〔‐テンワウ〕【天智天皇】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

天智天皇 てんじてんのう
626-672* 飛鳥(あすか)時代,第38代天皇。在位668-672*。
推古天皇34年生まれ。舒明(じょめい)天皇の皇子。母は宝皇女(のち皇極・斉明天皇)。孝徳・斉明天皇の皇太子。蘇我(そが)氏をたおし,大化(たいか)の改新を断行。斉明天皇没後即位せず7年間政務をとり(称制),白村江での敗戦処理や防備など体制を整備する。667年近江(おうみ)の大津に都をうつし,翌年即位。わが国初の令(りょう)近江令や戸籍にあたる庚午年籍(こうごねんじゃく)をつくった。漏刻(ろうこく)(水時計)をつくり,はじめて候時(とき)を知らせた。天智天皇10年12月3日死去。46歳。墓所は山科陵(やましなのみささぎ)(京都市東山区)。別名は葛城(かずらきの)皇子,中大兄(なかのおおえの)皇子,天命開別天皇(あめみことひらかすわけのすめらみこと),近江天皇。
【格言など】秋の田の仮庵(かりほ)の庵(いほ)の(とま)をあらみわが衣手は露にぬれつつ(「小倉百人一首」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

てんぢてんのう【天智天皇】
626‐671(推古34‐天智10)
第38代に数えられる天皇。称制661‐668,在位668‐671。大化改新以後,律令体制成立期の政治を指導した。葛城(かつらぎ)皇子,また中大兄(なかのおおえ)皇子といった。舒明天皇の子,母は宝皇女(のちの皇極天皇)。異母兄に古人大兄(ふるひとのおおえ)皇子,同母弟に大海人(おおあま)皇子がある。天智の誕生は推古朝の末期で,海外では618年にが滅び,かわってより強大な唐がおこり,その勢力は朝鮮を脅かしはじめていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

てんじてんのう【天智天皇】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

てんじてんのう【天智天皇】
626~671 「日本書紀」で第三八代天皇の漢風諡号しごう(在位668~671)。名は葛城かずらきの皇子。一名開別ひらかすわけの皇子とも。中大兄なかのおおえの皇子は他の「大兄」と区別するための呼び名。和風諡号は天命開別あめみことひらかすわけ。舒明天皇第二皇子。645年(大化1)中臣鎌足と図って蘇我そが氏を滅ぼし、皇太子として改新政治を主導。即位後、都を大津に移し、近江令を制定。また庚午年籍こうごねんじやくを作り、律令体制の基礎を築いた。万葉集に歌を収める。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てんちてんのう【天智天皇】
てんじてんのう天智天皇

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てんじ‐てんのう テンヂテンワウ【天智天皇】
第三八代天皇(在位六六八‐六七一)。舒明天皇の子。母は皇極天皇。名は葛城。中大兄皇子ともいう。中臣鎌足と謀って蘇我氏を滅ぼし、孝徳・斉明両朝の皇太子として大化の改新の諸政策を行なった。斉明天皇崩御後も皇太子のまま称制し、百済援助の軍を派遣したが、白村江で唐・新羅軍に大敗。以後、都を大津に移して即位し、はじめて戸籍(庚午年籍)をつくり、また漏剋(水時計)をつくって時刻を知らせ、成文法の最初である近江令の制定を行なう。推古三四~天智一〇年(六二六‐六七一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てんち‐てんのう ‥テンワウ【天智天皇】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

天智天皇
てんじてんのう
626〜671
7世紀後期の天皇(在位668〜671)
舒明 (じよめい) 天皇第2皇子。母は皇極(斉明)天皇。葛城皇子・中大兄 (なかのおおえ) 皇子と称した。中臣(藤原)鎌足とはかり,645年蘇我氏を倒し,孝徳・斉明天皇の皇太子として大化の改新政治を指導。この間百済 (くだら) 救援につとめたが,唐・新羅 (しらぎ) 連合軍に白村江 (はくそんこう) の戦い(663)で敗れ,国防を強化した。斉明天皇死後も皇太子のまま政治を行った(称制)が,都を近江の大津宮に移し,668年正式に即位。近江令の制定や最古の戸籍庚午年籍 (こうごねんじやく) の作成など内政整備に尽くした。晩年,子の大友皇子を後継者とした。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天智天皇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

天智天皇の関連情報

関連キーワード

慧灌マヘーンドラバルマン[1世]ウフドの戦いボニファチウス5世ナボポラサル森繁久彌請求権・経済協力協定会社分割と労働契約ハニーズA判

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.