Rakuten infoseek

辞書

天明俳諧【てんめいはいかい】

世界大百科事典 第2版

てんめいはいかい【天明俳諧】
江戸時代の俳風。享保期(1716‐36)の俳諧への反省から,元禄期(1688‐1704)の俳諧(元禄俳諧)の純正な詩情を再生しようと俳壇が動き出し,明和・安永・天明ごろ(1770年代前後)盛時に達したもので,〈中興俳諧〉ともいう。長期にわたって各地に指導者が現れ,一種の文学運動として俳壇を導いた。 早くは長水らの《五色墨》(1731)が江戸座俳諧に背いて平淡を重んじたが,本格化したのは宝暦年間(1751‐64)からで,江戸では蓼太(りようた)が江戸座を批判し,京では嘯山が《俳諧古選》で広く元禄諸家の風に学べと説いた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

天明俳諧」の用語解説はコトバンクが提供しています。

天明俳諧の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.