Rakuten infoseek

辞書

天性【テンセイ】

デジタル大辞泉

てん‐せい【天性】
《古くは「てんぜい」とも》天から授けられた性質。また、生まれつきそのようであること。副詞的にも用いる。天資天質。「好奇心の強いのは天性だ」「天性明朗な人」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

てんせい【天性】
〔古くは「てんぜい」とも〕 生まれつき備わっていること。天から与えられた性質。 「 -の明るい気質」
( 副 )
まったく。 「 -知らずといふやらん/平家 六・長門本

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てん‐せい【天性】
(古くは「てんぜい」とも)
[1] 〘名〙 天から授かった性質。生まれつき。また、天然自然のなりゆき。生得。天資。てんしょう。
※懐風藻(751)大友皇子伝「太子天性明悟、雅愛博古
※今昔(1120頃か)一六「弁宗と云ふ僧住けり。天性弁(わきま)へ有て」 〔書経‐西伯戡黎〕
[2] 〘副〙 まったく。
毎月抄(1219)「天性病にをかされぬほどの哥になりぬれば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天性」の用語解説はコトバンクが提供しています。

天性の関連情報

他サービスで検索

「天性」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.