Rakuten infoseek

辞書

天徳寺【テントクジ】

デジタル大辞泉

てんとく‐じ【天徳寺】
《江戸芝西久保巴町の天徳寺の門前で売っていたところから》紙を外被として中にわらを入れた粗末なふとん。かみぶすま。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

天徳寺
 下右田にあるお寺で、鎌倉幕府ができた時に、全国に1つずつ、国が栄え、幕府が無事であるようにと祈って造らせたと言われています。また、今も残るイチョウの木はこの時に植えられたものだと言われています。当初は総受寺[そうじゅじ]と言いましたが、右田毛利[みぎたもうり]氏によって天徳寺に名前が変わっています。しかし、1870年の脱退騒動[だったいそうどう]によって焼けてしまいました。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

天徳寺
秋田県秋田市にある寺院。1462年創建。曹洞宗本尊聖観音本堂は国の重要文化財に指定。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

天徳寺
てんとくじ
秋田市泉字三嶽根(みたけね)にある曹洞(そうとう)宗の寺。万固(ばんこ)山と号する。本尊は聖観音菩薩(しょうかんのんぼさつ)。寛正(かんしょう)年中(1460~66)太田城主佐竹右京大夫義人が夫人の追善供養(くよう)のため、独童を開山として常陸(ひたち)国太田(茨城県常陸太田市)に開創。1602年(慶長7)佐竹義宣(よしのぶ)が常陸より秋田に移封されたとき、天徳寺を楢山(ならやま)村(金照寺山)に移建し、佐竹家の菩提(ぼだい)寺とした。しかし1624年(寛永1)に炎上、翌年現在地に移建。総門・山門は1625年の移建時のものである。寺宝に十六羅漢像16幅、秋田藩佐竹氏主累代の肖像画12幅(いずれも県有形文化財)などがある。[菅沼 晃]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てんとく‐じ【天徳寺】
[1] 東京都港区芝西久保巴町にある浄土宗の寺。山号は光明山。天文二年(一五三三)緑誉称念が創建。江戸時代は江戸四か寺の一つに数えられた。知恩院の末寺。
[2] 〘名〙 ((一)の門前で売っていたところから) 紙を外被とした粗末な藁蒲団(わらぶとん)。かみぶすま。天徳寺開山の称念上人が苦行中に用いたものともいう。
※談義本・銭湯新話(1754)三「宿ではいつも天徳寺(テントクジ)(かぶっ)て寝るに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天徳寺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

天徳寺の関連情報

他サービスで検索

「天徳寺」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.