Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

天徳四年内裏歌合【テントクヨネンダイリウタアワセ】

デジタル大辞泉

てんとくよねんだいりうたあわせ〔テントクよネンダイリうたあはせ〕【天徳四年内裏歌合】
天徳4年(960)3月30日、村上天皇清涼殿で催した歌合わせ。判者藤原実頼。12題20番。のちの歌合わせの規範となった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てんとくよねんだいりうたあわせ ‥よネンダイリうたあはせ【天徳四年内裏歌合】
平安時代、天徳四年(九六〇)三月三〇日、村上天皇の主催で行なわれた歌合。判者左大臣藤原実頼。春・夏の景物や恋など一二題二〇番。歌人は、左が藤原朝忠・坂上望城・橘好古・大中臣能宣・少弐命婦・壬生忠見・源順・本院侍従、右が平兼盛・藤原元真・中務・藤原博古。行事の盛大さ、和歌の秀逸、本格的な歌論などから、後続の歌合の範となった。壬生忠見が二〇番目兼盛と合わせた恋の歌に命をかけた逸話は名高い。歌合史上もっとも重要なものの一つ。天徳歌合。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天徳四年内裏歌合」の用語解説はコトバンクが提供しています。

天徳四年内裏歌合の関連情報

関連キーワード

宋(中国の王朝(960~1279))イタリア語趙匡胤宋代美術中国史特別背任罪藤原師輔宋銭

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.