Rakuten infoseek

辞書

天平神護【テンピョウジンゴ】

デジタル大辞泉

てんぴょうじんご〔テンピヤウジンゴ〕【天平神護】
奈良時代、称徳天皇の時の年号。765年1月7日~767年8月16日。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

てんぴょうじんご【天平神護】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

てんぴょうじんご【天平神護】
年号(765.1.7~767.8.16)。天平宝字の後、神護景雲の前。称徳天皇の代。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典

てんびょうじんご【天平神護】
⇒天平神護(てんぴょうじんご)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てんぴょうじんご【天平神護】
日本の元号(年号)。奈良時代の765年から767年まで、称徳(しょうとく)天皇の代の元号。前元号は天平宝字(てんぴょうほうじ)。次元号は神護景雲(じんごけいうん)。765年(天平宝字9)1月7日改元。称徳天皇の即位にともない行われた(代始改元)。天平神護には、764年(天平宝字8)の恵美押勝(えみのおしかつ)の乱(藤原仲麻呂(なかまろ)の乱)を神霊の護りによって平定したとの意味が込められている。乱の後、淳仁(じゅんにん)天皇は廃され、孝謙(こうけん)太上天皇が重祚(ちょうそ)して、称徳天皇となった。天平神護年間は、称徳天皇の信任を受けた弓削道鏡(ゆげのどうきょう)の朝廷での発言力が増し、765年(天平神護1)には太政大臣禅師、翌年には法王となり、仏教の理念に基づく政策を推進した。◇「てんびょうじんご」とも読む。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てんぴょうじんご テンピャウ‥【天平神護】
奈良時代、称徳天皇の代の年号。天平宝字九年(七六五)一月七日に前年の天皇即位により改元、天平神護三年(七六七)八月一六日に神護景雲元年となる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天平神護」の用語解説はコトバンクが提供しています。

天平神護の関連情報

関連キーワード

粟田道麻呂紀益女淳仁天皇和気王景徳王和気王景徳王道鏡水城(福岡県)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.