Rakuten infoseek

辞書

天山県立自然公園【てんざんけんりつしぜんこうえん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

天山県立自然公園
てんざんけんりつしぜんこうえん
佐賀県中部,天山山地の主峰天山 (1046m) を中心とする自然公園。面積 49.30km2。 1970年指定。天山および西の作礼山 (887m) と見帰の滝,東の彦岳 (845m) と山麓の清水の滝を含む。天山は秀麗な山容で,肥前アルプスとも呼ばれ,頂上に南北朝の動乱期に自刃した南朝方の阿蘇惟直の供養塔がある。南斜面の天山神社まで自動車道がつくられ,小城市晴気,多久市岸川が登山口。作礼山は山頂に海神彦山権現を分祠した作礼権現社,キャンプ場があり,見帰の滝はその西麓にある。作礼山の登山口は唐津市牧瀬。天山から東へ尾根づたいに市ノ川峠を経て彦岳に達し,そのふもとの清水の滝,観音堂にいたるルートもある。山麓一帯はミカン園が多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天山県立自然公園」の用語解説はコトバンクが提供しています。

天山県立自然公園の関連情報

関連キーワード

ハインリヒ[3世]殷墟ハインリヒ[3世]ハーラル[3世]永承クレメンス2世遺留分禖子内親王日本年号一覧DV

他サービスで検索

「天山県立自然公園」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.