Rakuten infoseek

辞書

天子【てんし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

天子
てんし
Tian-zi; T`ien-tzǔ
中国の皇帝や日本の天皇呼称中国では,天の命を受けてをもって人民を支配する王者。周の血縁的 (宗族的) 社会の支配者として,諸侯を率いて天下万民を治める神権的な君主。のち儒教の封建的な君臣論によって天子の理想像がつくられた。専制国家の成立後も家父長的な天子という称号は生き続けた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

てん‐し【天子】
天上界の人。天人
天帝に代わって国を治める人。帝王。日本で、天皇

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

てんし【天子 tiān zǐ】
中国において天帝の息子として,天帝に代わって全世界を統治する者をいう。周王朝の初年周公(旦)らが発展させたという天命思想によれば,天帝は天の命令を下して一つの王朝(それは血縁関係で継承される)に天下の統治をまかせるのであるが,その王朝が徳を失うと天帝はそれを見捨て,別に徳ある者を見つけ,その者を天の元子(あととり息子)と認知して,代わって天命を与える(天人相関説)。その子孫が代々天子として,天に見捨てられるまで,天下を統治してゆく。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

てんし【天子】
天帝の子の意 天命をうけて地上を治める者。帝王。
天皇のこと。
日天・月天などの仏教上の神。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

天子
てんし
中国、前近代の君主の称号の一つ。天(至上神、上帝)の命を受けた子として国土と民を保有し、治める者の意。この観念が成立したのは周代であり、金文史料からも確認できるとおり、周王はまた天子として天の権威のもとに君臨した。秦(しん)帝国が成立すると、この号は捨てられ、これを超越する神格化された君主としての皇帝の称号が始皇帝によって創案採用された。漢代になると儒家の思想が息を吹き返し、皇帝と並ぶ正号として天子の号が復活した。「皇帝」が地上における唯一の現実的支配者を意味したのに対し、「天子」は天との関係において機能する称号であり、この号は、上帝を中心とする天地の神々を祀(まつ)る場合に用いられ、また天命を受けた者(の1人)として、外国の君主との交渉のときに採用された。また、天と君主との間は君臣関係として制度化されており、したがって天子の号は「天の子」という家族主義的関係を、すでに意味していない。こうした天子の制度と思想とは、以降の歴代の王朝に受け継がれていく。[尾形 勇]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てん‐し【天子】
〘名〙
① 天の子。天上界の人。天人(てんにん)
※今昔(1120頃か)一「諸天の宮殿共を見せ給ふに、諸の天子、天女と共に娯楽する事无限し」
② 天に代わって国を統治するもの。天の命により国民を統べるもの。帝王。天皇。
※令義解(718)儀制「天子。〈祭祀所称〉天皇。〈詔書所称〉」
※宇津保(970‐999頃)嵯峨院「あまたの中に一人こそ、天しのおやともなるめれ」 〔書経‐洪範

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

天子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.