Rakuten infoseek

辞書

天候【テンコウ】

デジタル大辞泉

てん‐こう【天候】
比較的短い期間の天気の総合的状態。また、天気のぐあい。空模様。天気と気候との中間概念。「大会は天候に恵まれた」「不順な天候」「悪天候
天気用法

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

てんこう【天候】
比較的短期間の天気の総合的な状態のこと。天気と気候との中間的な概念として用いられ,5日とか10日,あるいは1月くらいの平均で表されることが多い。なお,大気の環流の模様があまり変わらず,似た天気変化の特性が続く状態のことを汎天候とよぶことがある。ドイツのバウルF.Baurが提唱したGrosswetterlageから来た言葉である。【高橋 浩一郎】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

てんこう【天候】
数日から二、三か月ぐらいの期間の、大気の状態。天気と気候のほぼ中間の概念。 「 -不順」 〔類義の語に「天気」「気候」があるが、「天気」はある日時の気象状態、特に晴天の意。「気候」はより長期的総合的な気象状態をいう。それらに対して「天候」はある期間における気象状態の意を表す〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

天候
てんこう
大気の状態を表すことばの一つ。天気といえば、瞬時からせいぜい2、3日間の状態である。気候といえば、普通は年スケールの状態をさす。天候は、天気と気候の中間の数日間から1か月間程度までの期間の大気の状態をいうのに用いられることばであり、平均値で示されることが多い。[平塚和夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てん‐こう【天候】
〘名〙
① 数日から十数日のあいだ、毎日の天気がほぼ同じで、同じタイプと考えられる場合、これをひとまとめにしていう。天気と気候の中間の概念。
一年有半(1901)〈中江兆民〉四「且つ天候一辺を恃みとする稲作に於て」
② =てんき(天気)(一)③
※愛弟通信(1894‐95)〈国木田独歩〉威海衛大攻撃「天候昨日の如く極めて静穏なれども」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天候」の用語解説はコトバンクが提供しています。

天候の関連情報

他サービスで検索

「天候」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.