Rakuten infoseek

辞書

天保一揆【てんぽういっき】

防府市歴史用語集

天保一揆
 1831年に山口県全域でおこった農民の反乱(一揆[いっき])です。山口市の小鯖が発生源で、石見屋嘉右衛門[いわみやかえもん]という商人が駕籠[かご]の中に犬の皮をしいていたのを農民に見つかったことがはじまりです。これは、稲穂が出る頃に田のそばを皮革類が通れば天気がくずれるという迷信によるものです。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天保一揆」の用語解説はコトバンクが提供しています。

天保一揆の関連情報

関連キーワード

ドーミエベルギーゴローブニンジョードンバードハラタママイヨメイランワグネルゴローニン

他サービスで検索

「天保一揆」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.