Rakuten infoseek

辞書

天下【テンカ】

デジタル大辞泉

てん‐か【天下】
《「てんが」とも》
天が覆っている全世界。
一国全体。国じゅう。また、国家。「天下に号令する」「天下を治める」
世の中。世間。「天下に名を知られる」「天下に恥をさらす」
一国の政治。一国の支配権。「徳川の天下となる」「天下を掌握する」
権力をにぎって思うままに振る舞うこと。「かかあ天下
比類ないこと。この上ないこと。「天下の大泥棒」「天下の横綱」
江戸時代、将軍のこと。天下様。
「―の御城下なればこそ」〈浮・永代蔵・三〉
(「とも」「ども」などを伴って副詞的に用いて)どのように。どれほど。
「―に目つぶれ足折れ給へりとも」〈玉鬘

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てん‐げ【天下】
てんか(天下)」に同じ。「天上天下唯我独尊」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

天下
全世界の意。天の命を受けた者が天の下を支配するという、天皇の支配力の正当さ、広大さを表すことばであったが、織田信長(一五三四~八二)の出現以降、国を超える統一概念として、「天下人」(てんかびと)のように、至高なるものを上に頂いた支配者、統一者という新たな中央集権像を表すものとなった。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

世界大百科事典 第2版

てんか【天下】
古代中国に由来し,文字どおりには全世界を意味し,〈天子〉の統治対象を指す語。〈天子,民の父母作(た)り,以て天下の主と為る〉(《書経》),すなわち〈天〉から〈命〉を受けた〈天〉の〈子〉が,〈天〉の〈下〉全体の最高支配者となると考えるのである。したがって,〈天下〉に正統な天子は1人しかありえず,外国を予想する〈国〉と違い,〈天下〉には理論上,境界線がない。それゆえ,〈天下〉の語は普遍性の語感を伴い,同時に,〈天下の人心〉〈天下の嘲り〉の句の示すごとく,ある権威を感じさせる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

てんか【天下】
〔「てんが」とも〕
天の下に広がる全空間。世界中。 「 -に比類のない名勝」
一国全体。国中。また、世の中。世間。 「 -を二分する戦い」 「 -を揺るがす事件」 「夜の幕はとくに切り落されて、-は隅から隅迄明るい/草枕 漱石
一国の政治。また、国家を治める権力。 「 -を取る」
力を十分に発揮できる状態。 「若者の-だ」
(「天下の」の形で用いて)他に並ぶ者がないこと。 「 -の横綱」 「 -の愚か者」
一国を支配する者。天子・摂関・近世の将軍など。 「その上-の敵になり参らせたる者にてあるに/義経記 6
めくりカルタで、あざの札。 「よく〱ぢや-を持つていなるるの/雑俳・削かけ」
(「とも」「ども」などを伴って)どんなに。いかに。 「 -に目つぶれ、足をれ給へりとも/源氏 玉鬘

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てんが【天下】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てんげ【天下】
〔「げ」は呉音〕
てんか(天下)」に同じ。 「 -人々ながるるとののしる事いできて/蜻蛉

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

天下
てんか
天の命を受けた天の子(天子)が、天の下(あめのした)を統治するという中国的な世界観。日本では埼玉県の稲荷山古墳(いなりやまこふん)出土の金錯銘(きんさくめい)鉄剣に「治天下獲加多支鹵大王(あめのしたしろしめすわかたけるのおおきみ)」(銘文に「辛亥(しんがい)年」の干支がある。471年)、また熊本県の江田船山古墳(えたふなやまこふん)出土の銀錯銘(ぎんさくめい)大刀にも「治天下」の語がみえ、5世紀後半までに天下に関する政治思想を受容していた。ただし、当時の倭国(わこく)は中国南朝の宋(そう)と冊封(さくほう)関係を結んでおり、中国の天下支配のもと、倭国の支配・統治権のなかで天下を治めたことになる。日本における「治天下」の用法は、百済(くだら)・新羅(しらぎ)などの蕃国(ばんこく)に対する支配が歴史的前提となっていた。「治天下大王」の表記は、のちの律令法で「御宇天皇(あめのしたしろしめすすめらみこと)」に変わった。[吉村武彦]
 古代中国で創案された独特の世界観を表す語。至上の人格神としての「天」が支配する全世界であると同時に、天命を受けて天子となった有徳(うとく)の為政者が「天」にかわって統治する世界(王土)を意味する(したがって本来「天下」と「王土」は決して対立概念ではなかった)。ただし不徳の天子が現れ撫民仁政(ぶみんじんせい)を忘れ、人民を苦しめるような政治をすれば、天命が革(あらた)まって新天子が登場し、天下的世界は再編成されるものと考えられた(易姓革命論(えきせいかくめいろん))。「天下」の語は日本でも上述のように古代から使われているが、中世以降武家政権の時代になると、武家は政権の公共性という見地から「天下」思想や「天道(天)」思想を標榜(ひょうぼう)し、王土思想によって一方的に王威・王権を絶対化する朝廷(公家)勢力と対決したり、下剋上(げこくじょう)の運動や武家政権の成立・交替などを正当化した。とくに戦国・安土桃山時代には日本全国、全国制覇の拠点となった京都、織豊政権の主権者などをさす流行語となった。[石毛 忠]
『石母田正著『日本古代国家論 第1部』(1973・岩波書店) ▽吉村武彦著『古代天皇の誕生』(1998・角川書店) ▽石毛忠著「戦国・安土桃山時代の思想」(石田一良編『体系日本史叢書23 思想史』所収・1976・山川出版社) ▽永原慶二著「天下人」(朝尾直弘他編『権威と支配』所収・1987・岩波書店) ▽石毛忠著「織豊政権の政治思想」(藤野保編『織豊政権の成立』所収・1994・雄山閣)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あめ‐が‐した【天下】
〘名〙
※平家(13C前)三「入道相国の御むすめ建礼門院、〈略〉御悩とて、雲のうへ天が下の歎きにてぞありける」
② 菊の一種で、花が群がって、傘を開くように咲かせたもの。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あめ‐の‐した【天下】
〘名〙 (漢語「天下(てんか)」の訓読か。また、「高天原(たかまのはら)の下にある、この国土」の意もこもるか)
① 地上の世界全部。天に対していう。
(イ) (政治的に、その勢力の及ぶ範囲すべてをいう) この国全部。日本の国土。全国。特に、この全世界。てんか。
※万葉(8C後)一八・四一二二「天皇(すめろき)の 敷きます国の 安米能之多(アメノシタ) 四方の道には」
(ロ) (一般的に) 地上のすべて。この世の中。この世界。また、この世間一般。
※万葉(8C後)一七・三九二三「天下(あめのした)すでにおほひて降る雪の光を見れば尊くもあるか」
② 国中の人。世間の多くの人。天下の人々。
※宇津保(970‐999頃)藤原の君「財には、ぬし避くとなむ申すなる。あめのしたそしり申すこと侍るなり」
③ 朝廷。また、朝廷の政事。
※書紀(720)推古一二年四月(岩崎本訓)「国家(アメノシタ)永久(とこめづら)にして、社稷(くに)危きこと勿(な)し」
④ 世の中、国中で最も程度が高いことを強調していう。
(イ) (「天の下の」の形で) 天下に比類がないさま。天下第一。
※伊勢物語(10C前)三九「あめのしたの色好み」
(ロ) (副詞的に「天の下において」の意で) 日本中のどこででもすべて。また、どこにいったい。
※宇津保(970‐999頃)内侍督「あめのした、こよひの御おくり物よりこえて、さらにさらにせじ。これよりいつかあらん。〈略〉あめのした、これよりこえたる心にくさ、いつかあらん」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てん‐か【天下】
〘名〙 (古くは「てんが」とも)
[一] 天の下の意。
① 天の下に広がるすべての空間。世界全部。また、この世。あめのした。
※遊楽習道風見(1423‐28頃)「万物の出生をなす器はてんが也」 〔書経‐大禹謨〕
② この国全部。一国全体。国家。国中。
※観智院本三宝絵(984)下「後のよに鉄輪王となりて一天下に王とあらむ」
※太平記(14C後)九「天下の権柄を捨給へる事年久しければ」
③ 世間。世の中。
※凌雲集(814)夏日皇太弟南池〈嵯峨天皇〉「天下共言貞万国、何労羽翼商山
※俳諧・去来抄(1702‐04)故実「伝受ある手爾波といふに至ては、天下に知る人すくなく」
④ 一国の政治。万機。また、国を支配する権力。
※今昔(1120頃か)三「大王は此を迎て〈略〉終日終夜見給ふと云へども不足ざりけり。天下、故に留まりて万事を背き給ふ」
⑤ 一国を支配する者。特に、幕府。将軍家。天下様。
※看聞御記‐応永二七年(1420)八月一日「宗豊朝臣不之。天下停止守法歟」
※歌舞伎・法懸松成田利剣(1823)大詰「身共は今より、天下だぞ」
⑥ 実権を握って采配を振ること。また、思うままにふるまうこと。また、その状況。「嬶(かかあ)天下」
※破戒(1906)〈島崎藤村〉五「瀬川君さへ居なくなって了へば、後は君、もう吾儕(われわれ)の天下さ」
※虎明本狂言・髭櫓(室町末‐近世初)「某がひげが、天下の髭になったとおもふて」
⑧ カルタで、強い札の一つである「あざ(蠣)」の札。
※雑俳・削かけ(1713)「よくよくじゃ・てんかをもっていなるるの」
[二] (多く、助詞「に」「の」「と」などを伴って)
① (多く「天下に」「天下の」の形で) 世に比類のないこと。この上ないこと。最もすぐれていること。
蜻蛉(974頃)中「天下のそらごとならむと思へば、ただ今、ここちあしくてあればとて、やりつ」
② (「天下に(と)… …とも」「天下に(と)… …ども」の形で) どんなに。いかに。
※源氏(1001‐14頃)玉鬘「天下に目つぶれ、足をれ給へりとも」
[補注](1)呉音テンゲで読まれる場合は、仏典における用法が日常化したもので、天上界に対する地上界を言い、一方漢音テンカで読まれる場合は、国家・国土などの意で、両者は本来は系列を異にしていたと見られる。しかし、確証に乏しいので、漢字表記の例は便宜上本項に収めた。
(2)(二)は本来は良くも悪くも世に比類のないことを表わし、多く肯定的評価に用いられるが、①の挙例の「蜻蛉」のように、否定的な用法も見られる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てん‐げ【天下】
〘名〙 (「げ」は「下」の呉音) =てんか(天下)
※宇津保(970‐999頃)内侍督「てんげにおぼつかなくおぼゆとも、深き才は、〈略〉じねんに思ひでらるるものなり」
[補注]読みのあきらかでないものは「てんか」の項で扱った。→「てんか(天下)」の補注

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天下」の用語解説はコトバンクが提供しています。

天下の関連情報

他サービスで検索

「天下」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.