Rakuten infoseek

辞書

天下人【てんかびと】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

天下人
てんかびと
戦国の乱世を終息させて天下を統一し支配する人のことで,織田信長により主張され,豊臣秀吉にも受け継がれた。天下という言葉は中国の古代に発し,日本でも古代の詔勅宣命 (せんみょう) などに天下の語が使われているが,天下人は日本の中世から近世にかけての過渡期に使われた言葉である。信長は 1567 (永禄 10) 年に「天下布武」の印判を使い,武力による天下平定の意志を示し,領国経営を越えられない戦国大名を批判して天下の立場に立った。この天下は,国という意識の広がりとともに日本全国に及んだが,その中心は京都にあった。秀吉は,「天下の為」「国の為」として統一を進め,自らを「てんか」 (殿下) と称し,大名相互の争いを抑止させ,刀狩令を出して百姓の掌握をし,後陽成天皇を擁立するなどして,天下人であることを内外に示した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

てんか‐にん【天下人】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てんか‐びと【天下人】
天下を取った人。天下を統一した人。てんかにん。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

てんかびと【天下人】
天下を取った人。てんかにん。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てんか‐にん【天下人】
〘名〙 天下を取った人。天下の政権を握った人。てんかびと。てんかもの。
※両足院本山谷抄(1500頃)四「始は天下人が不審したぞ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てんか‐びと【天下人】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天下人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

天下人の関連情報

他サービスで検索

「天下人」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.