Rakuten infoseek

辞書

天上【テンジョウ】

デジタル大辞泉

てん‐じょう〔‐ジヤウ〕【天上】
空の上。空。「天上の星」
天上界」に同じ。
天に昇ること。また、死ぬこと。昇天。
「某(それがし)は雷であるが…只今落ちたが、何なりとも取り付く物があれば―すれども」〈虎明狂・
この上もないこと。最上。無上。
「やや子がかみそり持って遊んでゐるやうなもので、あぶない事の―ぢゃ」〈松翁道話・一〉
2階。階上。
「わしと順礼の女の衆は、―へ上がって寝ますべい」〈滑・膝栗毛・二〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

てんじょう【天上】
スル
空。空の上。天。 -の音楽
天に上ること。また、死ぬこと。昇天。 細き長き物の-するを見たりき/妾の半生涯 英子 親の-し給ひてのち/宇津保 俊蔭
仏教で、天人の世界。天道。天上界。 → 六道
程度が最もはなはだしいこと。最高。 あほらしいの-といふもの/文明開化 祐一
二階。 -へ上がつて寝ますべい/滑稽本・膝栗毛 2
[句項目] 天上天下唯我独尊

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てん‐じょう ‥ジャウ【天上】
〘名〙
① 天のうえ。空のうえ。高い空。
※御伽草子・二十四孝(室町末)「我は天上(テンジャウ)の織姫なるが」
※黄表紙・心学早染艸(1790)上「天上に天帝と申すたうとき神おわしまして」 〔易経‐大壮卦〕
② =てん(天)④(イ)
※霊異記(810‐824)上「彼の気調(みさを)恰も天上の客の如し」
③ 世上のこと。世間。
※歌舞伎・宿無団七時雨傘(1768)一幕「狭うても堺は、天上(テンジャウ)の静かな暮らし所ぢゃ」
④ この上もないこと。無上。最高。天井。
※洒落本・浪花今八卦(1773)枯梗卦「金つかふて其様に気兼するは是たわけの天上と」
⑤ (━する) 天にのぼること。天上界にのぼること。
※曾我物語(南北朝頃)二「夫婦もろともに月に心をとめし故に、てんじゃうの果をうけ二の星なるとかや」
※日葡辞書(1603‐04)「tenjǒ(テンジャウ)スル」
⑥ (━する) 死ぬこと。死去。昇天。
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「おや天上し給てのち、あまつかぜにつけてもおとづれ給はず」
⑦ 階上。二階。
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)二「天上へ上がってねますべい」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天上」の用語解説はコトバンクが提供しています。

天上の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.