Rakuten infoseek

辞書

大飯原発【おおいげんぱつ】

知恵蔵

大飯原発
福井県大飯郡おおい町にある関西電力所有の原子力発電所若狭湾国定公園内にあり、加圧水型軽水炉(PWR) 4基を有する。4基合わせた総出力は471万キロワットあり、柏崎刈羽原子力発電所に次ぐ日本最大級の原子力発電所である。2014年5月、福井地裁で再稼働の差し止めを命じる判決が出された。
2011年3月の東日本大震災により発生した福島第一原子力発電所の事故以降、原子力発電の安全性が強く問われ、一時日本の全ての原子力発電所が停止していた。この状況を打ち破ったのが大飯発電所で、3号機は12年7月5日に、4号機は同21日に再稼働した。これにより電力が融通できたため、九州電力が計画停電を回避できたとする見方もある。3号機は13年9月2日に、4号機は同15日に定期検査に入り、14年6月現在、再び日本の原子力発電所は全て停止している。
関西電力は、大飯発電所の主要な設備は、徹底した地質調査や考えられる最大の地震に耐えられるように設計していると主張し、再稼働を目指す。関西電力によれば、発電所の地盤は地震による揺れが増幅される地層上ではなく、十分な支持性能を持つよう掘り下げているという。また、原子炉格納容器全体を締め付けておくことで事故時に発生する大きな圧力に耐える、プレストレストコンクリート製方式(PCCV) を3、4号機に採用するなど、格納容器は「現実には起こりえないであろう事故を想定した設計」であるとしている。
しかし、14年5月21日、福井地裁で大飯原発3、4号機の運転差し止めを求める訴訟の判決が出され、関電側に運転差し止めを命じた。福井県の住民ら189人から、安全性が保障されないまま再稼働させたと関電を訴えていたもので、耐震設計の目安となる地震の揺れである「基準地震動」を超える地震が発生するかどうかが争点となった。差し止め判決は東京電力福島第一原発の事故後初めてである。関西電力は福井地裁の判決を不服として22日、名古屋高裁金沢支部に控訴した。14年6月時点で、控訴により判決は確定していないため、法的には大飯原発をすぐに稼働させることも不可能ではない。
(金谷俊秀  ライター / 2014年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

知恵蔵mini

大飯原発
関西電力が保有する最大の原子力発電所「大飯発電所」(発電量全国3位)の通称。1〜4号機があり、2011年の福島第一原子力発電所事故以後に、定期検査により全て停止した。12年、関西電力圏の夏の電力需要予測が厳しいものと推定され、その再稼働が問題となるが、同年4月6日、枝野経産相が事実上の安全宣言を行う。再稼働に向け反対派の大規模デモが総理官邸前、横浜、おおい町などで行われる中、7月1日に再稼働された。
(2012-07-02)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大飯原発」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大飯原発の関連情報

他サービスで検索

「大飯原発」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.