Rakuten infoseek

辞書

大韓帝国【だいかんていこく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大韓帝国
だいかんていこく
Taehan cheguk
朝鮮,朝鮮王朝 (李朝) の高宗 34 (1897) 年 10月以後,朝鮮王朝を改称した国号。 1910年日本の「併合」によって消滅した。国号変更の動機は,日清和平条約により清朝との宗属関係も消滅したと判断した近臣のすすめによるものといわれる。これまでの王の称号は清に付属した印であるとして,日,清両国のように皇帝の尊称,光武年号の制定などをみた。政治・経済機構は変更されず,そのまま朝鮮王朝の状況が続いたが,その独立の意気は衰えず,日本統治下でも,大を名のることで抵抗のしるしとし,三・一運動後,組織された臨時政府は「大韓民国臨時政府」と名のった。この帝国は,高宗,純宗と2代 14年間にわたったが,日露戦争を境に親日派政権になり,ますます独立から遠ざかった期間であった。すなわち,04年の日韓議定書調印により対日協力,対露敵対を強いられ,翌年には「保護条約」によって統監府を設置されるなど,内外政治ともに実権を失い,事実上の「併合」下におかれた。ハーグ密使事件で皇帝が譲位すると,やがて日本に「併合」されるにいたった。一方,独立運動も激しく,義兵,農民の独立闘争や貴族,知識人による愛国啓蒙運動など,広く国民の間に反日独立の声が高まったが,強力な日本軍隊に弾圧された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

だいかん‐ていこく【大韓帝国】
李氏朝鮮の1897年からの国号冊封体制からの離脱を示すため、それまでの「朝鮮」から改めた。李氏の王は皇帝を称しはじめた。1910年に日本に併合された。テハンジェグク。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

だいかんていこく【大韓帝国】
朝鮮の李朝が1897年に採用した国号。1910年の日韓併合まで続いた。1897年10月,朝鮮が清との宗属関係をすでに解消した自主独立の国家であることを示すために国王(高宗)が皇帝に即位し,あわせて国号を大韓,年号を光武と改めた。大韓帝国時代の前半は,99年8月制定の〈大韓国国制〉に示されるように皇帝専制政治が行われ,国政のブルジョア的改革は阻止された。日露戦争後,日本の保護国となり,1910年8月日韓併合により滅亡した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大韓帝国」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大韓帝国の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.