Rakuten infoseek

辞書

大野市【おおの】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大野〔市〕
おおの
福井県東部,大野盆地を中心に,両白山地から流れ込む九頭竜川など多数の河川流域の広大な地域を占める市。東・南部で岐阜県に,北東部で石川県に接する。 1954年大野町,下庄町と上庄村,乾側村,小山村,富田村,阪谷村,五箇村の6村が合体,市制施行。 1970年西谷村,2005年和泉村を編入。市名は古代からの郡名による。盆地の西部に位置する中心市街地大野は中世金森長近の3万石の城下町となった。大野城亀山公園がある。清滝川の扇状地端にあるため湧水に恵まれ,道路網が整然とし,小京都といわれる。北部には経ヶ岳からの火山泥流による塚原野と六呂師高原がある。機業が盛ん。発電所が多く,九頭竜ダムは観光地としても有名。打波川上流の谷には鳩ヶ湯温泉がある。九頭竜川上流の九頭竜峡は渓谷美で知られる。本願清水イトヨ生息地,専福寺の大ケヤキ,アラレガコ生息地は国の天然記念物。宝慶寺の旧橋本家住宅は国指定重要文化財。市域の一部は白山国立公園奥越高原県立自然公園に属する。 JR越美北線,国道 157号線,158号線,476号線が通る。面積 872.43km2。人口 3万3109(2015)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おおの‐し〔おほの‐〕【大野市】
大野

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大野市」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大野市の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.