Rakuten infoseek

辞書

大野川【おおのがわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大野川
おおのがわ
大分県,宮崎県境の祖母山付近に発し,大分鶴崎別府湾に注ぐ川。全長 107km。大分県最長。流路に沿って走る JR豊肥本線と国道 10号線,57号線は,大分と熊本を結ぶ重要な交通路となっている。上流部には樹枝状の開析谷が発達し,阿蘇溶岩に覆われた両岸の平坦面は畑地に利用される。上・中流部では豊後大野犬飼までの間に 100をこえる支流を合わせ,谷底平野水田に利用。大分市戸次 (へつぎ) 付近から下流大分平野の沖積地で,水田に利用される。河口では分流により複合三角州が形成されている。農業用水としての利用は江戸時代から行なわれ,多くの井路が開削されたが,近年では発電と農業用水を目的とした昭和井路が有名。 1965年以降は大分臨海工業地域工業用水を供給している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おおの‐がわ〔おほのがは〕【大野川】
熊本県東部・大分県南東部・宮崎県北部を流れる大野川水系の本流祖母(そぼ)山付近にを発し、北東流して大分市で別府湾に注ぐ。大分県下最大の川。長さ107キロ。下流は大分平野に三角州を形成している。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おおのがわ【大野川】
大分・宮崎県境にそびえる祖母山に源を発し,大分県中央部を北東流する県下最大の河川。幹川流路延長107km,全流域面積1460km2。稲葉川,緒方川,奥岳川など多くの支流を集めて,大分市鶴崎で別府湾に注ぐ。豊肥本線がほぼこの谷に沿い,下流に大分平野東部を形成し,河口に建設された大分・鶴崎臨海工業地域の用水源として,また流域によく発達した用水路の水源として利用されている。とくに上流域竹田盆地一帯にみられる熊沢蕃山ゆかりの多くの用水路(刈小野(かりおの)井路ほか)は有名。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

大野川
おおのがわ
大分・熊本・宮崎県境にそびえる祖母山(そぼさん)付近(宮崎県側)に源を発し、熊本県の東部、大分県の南部を北東方へ流れ、上・中流で玉来(たまらい)川、稲葉(いなば)川、緒方(おがた)川、奥岳(おくだけ)川、茜(あかね)川、野津(のつ)川、柴北(しばきた)川などをあわせ別府湾に注ぐ川。大分県下最大の河川で、一級河川。延長107キロメートル、流域面積1460平方キロメートル。灌漑(かんがい)面積9800ヘクタール。阿蘇(あそ)溶結凝灰岩に覆われた地溝帯を深く侵食するため、上・中流では氾濫(はんらん)することなく、下流部に水害をもたらすと同時に、氾濫原の厚い堆積(たいせき)土は野菜栽培の恵みを与えてきた。中流には小発電所が多く、近年は工業用水としての価値も大きくなっている。[兼子俊一]
『『大野川――自然・文化・教育』(1977・大分大学教育学部)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大野川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大野川の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.