Rakuten infoseek

辞書

大野ヶ原【おおのがはら】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大野ヶ原
おおのがはら
愛媛県南西部,西予市野村地区の東端,高知県境の地芳 (じよし) 峠西方にある大規模なカルスト高原。面積 7.40km2,標高 1100~1400m。高知県側の天狗高原とともに日本で最も高い石灰岩の高原。 1964年四国カルスト県立自然公園に指定。ドリーネウバーレポリエカレンフェルトなどのカルスト地形や,鍾乳洞 (→石灰洞 ) がある。羅漢穴は深さ 302mの鍾乳洞。小松ヶ池はドリーネに水がたまったもので,直径 50m,深さ 1.5mあり,世界でも珍しい。かつては秘境で,第2次世界大戦中は軍用馬の放牧場であったが,戦後開拓地となり,大規模な酪農が行なわれた。キャンプ,ハイキング適地,冬はスキーができる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おおのがはら【大野ヶ原】
愛媛県南部,東宇和郡野村町東部の高原。標高1100~1400mに達する石灰岩からなる隆起準平原で,カレンフェルドやドリーネ,ウバーレなど各種のカルスト地形がみられる。最高点は源氏ヶ駄馬で1403m。第2次世界大戦後,開拓農家が入植,現在県下随一の大規模酪農が営まれている。1964年四国カルスト県立自然公園に指定された。【篠原 重則】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

大野ヶ原
おおのがはら
四国山地西部、愛媛・高知県境にまたがる石灰岩台地。標高900~1400メートル。四国カルスト県立自然公園に指定されている。秩父中・古生層の石灰岩帯に相当し、南北約2キロメートル、東西5キロメートル、面積7.4平方キロメートルにわたって分布し、石灰岩の厚さは約20~50メートルに達する。カルスト台地南部の源氏ヶ駄馬(げんじがだば)は老年期のカレンフェルト(石塔原)で、北麓(ほくろく)にはドリーネやウバーレが約100個散在し、内部に水をたたえたものもある。第二次世界大戦後開拓農民が入植し、酪農や高地農業を営んでいる。竪穴鍾乳洞(たてあなしょうにゅうどう)には深さ260メートルの竜王洞をはじめ、西寺山洞(にしてらやまどう)、笹ヶ峠洞(ささがとうげどう)などがある。西麓には全長430メートルの横穴の羅漢穴(らかんあな)がある。[深石一夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大野ヶ原」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大野ヶ原の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.