Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

大道珠貴【ダイドウタマキ】

デジタル大辞泉

だいどう‐たまき〔ダイダウ‐〕【大道珠貴】
[1966~ ]小説家福岡の生まれ。アルバイト生活を経て、ラジオドラマ脚本を執筆するかたわら小説を書き始める。「しょっぱいドライブ」で芥川賞受賞。他に「」「背く子」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

大道珠貴 だいどう-たまき
1966- 平成時代の小説家。
昭和41年4月10日生まれ。テレビドラマの脚本を執筆するかたわら小説をかき,平成12年「裸」で九州芸術祭文学賞。15年4度目の候補作「しょっぱいドライブ」が芥川賞にえらばれる。17年「傷口にはウォッカ」でBunkamura ドゥ マゴ文学賞。福岡県出身。福岡中央高卒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大道珠貴」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大道珠貴の関連情報

関連キーワード

新藤兼人加藤泰丹下健三野村芳太郎森一生宇宙開発史(年表)ビートルズキリスト教民主同盟東松照明ボータ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.