Rakuten infoseek

辞書

大言海【だいげんかい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大言海
だいげんかい
国語辞典。大槻文彦著。 1932~35年に初版4冊本を刊行。 37年索引1冊,56年新訂版 (1冊本) 刊行。『言海』 (1889~91) の増補改訂版。サ行まで終ったところで著者が没したため,大久保初男が中心となって仕事を引継ぎ完成した。『大日本国語辞典』とともに近代的体裁をそなえた国語辞典双璧とされ,後世の国語辞典に与えた影響は大きい。者の個性の強く出ている本で,特にその当否はいろいろ問題とされるが,語源に力を入れて説いているのが大きな特色の一つ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

だいげんかい【大言海】
国語辞書。5冊。大槻文彦著。昭和7~12年(1932~37)刊。著者没後の出版で、「言海」を増補・改訂したもの。語源の記述が多い。約8万語収録。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

だいげんかい【大言海】
国語辞書。5冊。1932‐37年刊。大槻文彦(おおつきふみひこ)著。同じ著者の《言海》を増補改訂したもの。初め松平円次郎,浜野知三郎がその編集をたすけ,のち,かつて《言海》の編集にたずさわった大久保初男が加わった。中途で松平,浜野の2人はしごとを辞したが,大久保のみは,1928年大槻文彦が死んだのちもその業をつづけた。大槻文彦の死後には,兄の大槻如電(によでん)が編集を監督し,また,関根正直新村出の指導を仰いだ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

だいげんかい【大言海】
国語辞書。大槻文彦著。五冊。一九三二(昭和七)~37年刊。同じ著者の「言海」を大幅に増補改訂したもの。大槻没後、大久保初男らが継承して完成。独特の語源記述と豊富な用例を特徴とする。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だいげんかい【大言海】
国語辞書。四巻と索引一巻。大槻文彦著。編者没後、関根正直、新村出らによって完成。昭和七~一〇年(一九三二‐三五)四巻刊。同一二年索引刊。縮刷新訂版一巻、同三一年刊。見出し語は約九八〇〇〇語。古語が中心で方言、近代語、外来語などを含む。同じ著者の『言海』を増補改訂したもの。多くの用例を駆使してその出典を明示していること、多くの語に語源的説明を付していることなどに特色がある。昭和五七年、見出し語を現代かな遣いに改めた「新編大言海」が刊行された。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

大言海
だいげんかい

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大言海」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大言海の関連情報

関連キーワード

清水宏斎藤寅次郎成瀬巳喜男山中貞雄五所平之助マキノ雅広稲垣浩小津安二郎キューカー満州国

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.