Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

大要【タイヨウ】

デジタル大辞泉

たい‐よう〔‐エウ〕【大要】
大切なところ。大事な点。
大体のところ。あらまし。概要。「法案の大要について説明する」「首相発言は大要左のとおりである」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

たいよう【大要】
だいたいの要点。あらまし。概要。副詞的にも用いる。 計画の-を発表する -次のとおりである
特に肝要な点。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たい‐よう ‥エウ【大要】
[1] 〘名〙 (「だいよう」とも)
① ある物事のなかで、特に肝要とみられるもの。
※色葉字類抄(1177‐81)「大要 大切詞」 〔漢書‐陳万年〕
② 大体のところ。あらまし。概要。また、大きな部分を占めるもの。〔書言字考節用集(1717)〕
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉五「これ半ばは、翰達の才性あるに由ると雖ども、然ども大要はその忍耐勉強なるに由るなり」
[2] 〘副〙 おおかた。だいたい。
※洒落本・水月ものはなし(1758)上「女郎のかい様女郎の取廻し、たいやふ此で有らふと、推量はすれど」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大要」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大要の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.