Rakuten infoseek

辞書

大西洋憲章【たいせいようけんしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大西洋憲章
たいせいようけんしょう
Atlantic Charter
1941年8月 14日に発表された F.ルーズベルトと W.チャーチル共同宣言で,第2次世界大戦後の世界平和回復のための基本原則を定めたもの。その原則的趣旨は,42年1月1日の連合国共同宣言にも取入れられた。その交渉が北大西洋上のイギリス軍艦『プリンス・オブ・ウェールズ』とアメリカ巡洋艦『オーガスタ』上で行われたので,一般に大西洋憲章と呼ばれている。その要旨は (1) 両国は領土の拡大を求めない,(2) 関係国民の自由に表明する希望と一致しない領土的変更を欲しない,(3) すべての国民がその政体を選択する権利を尊重し,強奪された主権と自治が回復されることを希望する,(4) すべての国に対し,世界の通商および原料が均等に開放されるよう努力する,(5) 改善された労働件,経済的進歩,および社会保障を確保するための国際的協力を希望する,(6) ナチの暴政を破壊したのち,全人類を恐怖欠乏から解放することを希望する,(7) 全人類が妨害を受けることなく海洋を航行できるようにする,(8) 侵略の脅威を与える国の武装を解除し,恒久的な全般的安全保障制度を確立することに努め,また軍備負担の軽減を助長すること,である。特にこの第8項は,国際連合の設立につらなっていくので,重要な意義をもっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たいせいよう‐けんしょう〔タイセイヤウケンシヤウ〕【大西洋憲章】
1941年8月、英国首相チャーチルと米国大統領ルーズベルトが大西洋上で会談して発表した共同宣言第二次大戦戦後世界秩序についての構想を示したもので、領土の不拡大、政体選択の自由、各国間の経済協力、恐怖および欠乏からの解放、公海の自由、武力行使放棄などを内容とし、のちの国連憲章の基本理念となった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たいせいようけんしょう【大西洋憲章 Atlantic Charter】
1941年8月14日,イギリスのチャーチル首相とアメリカのF.ローズベルト大統領とが発した共同宣言。戦後世界に関してほぼ次のような八つの原則を提示した。(1)イギリス,アメリカ両国の領土不拡大,(2)住民の意思に反する国境変更に反対,(3)人民の政治体制選択権の尊重,(4)通商制限緩和と原料資源への接近の平等,(5)諸国家間の経済協力,(6)欠乏と恐怖からの自由,(7)公海自由,(8)一般的安全保障制度確立まで侵略国を武装解除

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たいせいようけんしょう【大西洋憲章】
1941年八月アメリカ大統領ルーズベルトとイギリス首相チャーチルが大西洋上で会見して発表した共同宣言。第二次大戦と戦後の基本方針を示し、領土不拡大・民族自決などの八か条の原則は国連憲章の基礎となった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

大西洋憲章
たいせいようけんしょう
Atlantic Charter
1941年8月14日に発表されたイギリス、アメリカ両国の世界政治に対する原則の共同宣言。英米共同宣言ともいわれる。第二次世界大戦が勃発(ぼっぱつ)して約2年後、ドイツのソ連侵略開始(1941.6.22)によって大戦は新しい局面を迎えた。同年8月9日、イギリスのチャーチル首相は新鋭戦艦プリンス・オブ・ウェールズ号に乗艦、大西洋を渡りカナダのニューファンドランド島アージェンティア湾で、アメリカのルーズベルト大統領と会談、その後しばしば開かれた首脳会談の端緒をつくった。会談は同月12日まで開かれ、8項目からなる両国の共同宣言が、チャーチル首相の無事帰国を待って発表された。すなわち、〔1〕領土の不拡大、〔2〕国民の合意なき領土変更の不承認、〔3〕国民の政体選択の権利の尊重と、奪われた主権の回復、〔4〕通商と原料の均等な開放、〔5〕各国間の経済協力、〔6〕ナチス暴政の打倒と、恐怖と欠乏からの解放、〔7〕海洋航行の自由、〔8〕武力使用の放棄と、恒久的な一般的安全保障体制の確立、である。当時、アメリカは、ヨーロッパとアジアの戦争に対し、中立国の立場にあったが、孤立するイギリスへの道義的、物質的支援が自国の国益に合致する、とのルーズベルト大統領の判断で、異例の会談の開催、共同宣言の発表となったものである。これにより、アメリカは、ドイツとの対決姿勢を、それまで以上に明確にした。大西洋憲章は、約4か月後のアメリカの参戦を経て、42年1月1日に発表された連合国共同宣言においても冒頭で強調され、継承された。[藤村瞬一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たいせいよう‐けんしょう タイセイヤウケンシャウ【大西洋憲章】
第二次世界大戦中、一九四一年八月、イギリス首相チャーチルとアメリカ大統領ルーズベルトが大西洋上で会談、発表したもの。全八か条。戦後の世界秩序についての構想をその内容とし、アメリカはこの憲章で孤立主義を捨ててファシズム打倒、民主的平和樹立の責任をとることを明言した。国連憲章の基礎となったことで有名。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

大西洋憲章
たいせいようけんしょう
Atlantic Charter
1941年8月,イギリスのチャーチル首相とアメリカのF.ローズヴェルト大統領が大西洋上で会談・発表した共同宣言
第二次世界大戦後に「戦争のない,最良の世界」をつくるための世界構想を明示。第一次世界大戦後におけるウィルソン大統領の十四か条の平和原則によく似た内容の8か条からなり,領土不拡大,民族自決,主権在民,国際経済協力,武力行使の放棄,恒久的安全保障体制の樹立などの原則が示された。9月には15か国が支持を表明し,これにもとづき1942年1月連合国共同宣言が発表され,この構想は国際連合憲章に生かされた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大西洋憲章」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大西洋憲章の関連情報

関連キーワード

清水宏近衛文麿内閣マキノ雅広[各個指定]工芸技術部門スタージェススーパースタジオ第二次世界大戦治安維持法日米交渉レジスタンス文学

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.