Rakuten infoseek

辞書

大葉性肺炎【だいようせいはいえん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大葉性肺炎
だいようせいはいえん
lobar pneumonia
クループ性肺炎ともいう。は右3葉,左2葉に分れるが,このうち1葉または2葉以上を侵し,典型的な症状を呈する肺炎をいう。グラム陽性の双球菌である肺炎球菌感染による。感冒過労高度衰弱,悪液質などが誘因となる。悪寒戦慄高熱で急に発病し,頭痛,食欲不振,嘔吐,胸痛咳嗽呼吸困難,さび色のなどが現れる。多くは5~7日で大量の発汗とともに解熱する。冬から春にかけて小児および高齢者に多いが,最近は抗生物質の進歩によって重症になる例は少くなった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たいようせい‐はいえん〔タイエフセイ‐〕【大葉性肺炎】
一つの肺葉全体が冒される肺炎。肺炎双球菌か肺炎桿菌(かんきん)の感染により、せき・たん・高熱・呼吸困難・胸痛などの重い症状を呈する。クループ性肺炎クルップ性肺炎

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

だいようせいはいえん【大葉性肺炎】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

たいようせい‐はいえん タイエフセイ‥【大葉性肺炎】
〘名〙 炎症が一つの肺葉全体に起こる肺炎。肺炎双球菌か肺炎桿菌(かんきん)の感染により、せき・たん・高熱・吸収困難・胸痛などの重い症状を呈する。クルップ性肺炎。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大葉性肺炎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大葉性肺炎の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.