Rakuten infoseek

辞書

大船渡線【おおふなとせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大船渡線
おおふなとせん
一関 (岩手県) から (さかり) にいたる鉄道。 JR東日本。一関-盛間 105.7km。 1935年全通。北上川流域と三陸海岸を結ぶ鉄道の1つで,盛以北は,三陸鉄道南リアス線が盛-釜石間 (36.6km) を走っている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

大船渡線
JR東日本が運行する鉄道路線。岩手県一関市の一ノ関駅から大船渡市の盛駅を結ぶ。愛称は「ドラゴンレール大船渡線」。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

大船渡線
おおふなとせん
東日本旅客鉄道(JR東日本)の線路名称。岩手県、一ノ関―盛(さかり)間105.7キロメートル、全線単線、非電化。北上(きたかみ)高地を横断して東北本線と三陸地方を結ぶ鉄道の一つで、沿線には一関(いちのせき)、気仙沼(けせんぬま)、陸前高田、大船渡などの都市がある。1925~1935年(大正14~昭和10)に開業したが、陸中門崎(かんざき)―千厩(せんまや)間では地元有力政治家がルートの奪い合いをした結果、極端な迂回(うかい)線となっている。1987年(昭和62)、日本国有鉄道(国鉄)の分割民営化に伴い、JR東日本に所属。愛称は、線形が竜の形に見えることなどからドラゴンレール大船渡線とつけられた。2011年(平成23)3月11日の東日本大震災により全線不通となった。同年4月に一ノ関―気仙沼間62.0キロメートルは鉄道で復旧したが、津波による被害が大きかった気仙沼―盛間43.7キロメートルは多額の復旧費用を要することなどから2013年3月にBRT(バス高速輸送システム)として復旧された。同区間の線路敷きの一部はBRTのバス専用道として利用されている。[青木栄一・青木 亮]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大船渡線」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大船渡線の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.