Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

大船渡(市)【おおふなと】

日本大百科全書(ニッポニカ)

大船渡(市)
おおふなと

岩手県南東部、陸中(りくちゅう)海岸の大船渡湾に臨む市。1952年(昭和27)気仙(けせん)郡盛(さかり)、大船渡の2町と日頃市(ひころいち)、立根(たっこん)、猪川(いなかわ)、赤崎、末崎(まっさき)の5村が合併して市制施行。2001年(平成13)三陸町(さんりくちょう)を編入。JR大船渡線(盛―気仙沼間はBRT運行)、三陸鉄道リアス線、国道45号、107号、三陸自動車道が通じる。湾入の深い大船渡湾に注ぐ盛川の河口に平坦(へいたん)地が開け、市街地は西部湾岸に沿って長く延びている。町域は古くから盛六郷の中心として栄えた商業、行政の中心地の盛地区と、港湾を背景とする大船渡地区および旧三陸町地区に分けられる。1953年からの北上川流域特定地域の開発で臨海工業造成地区となり、盛川沿岸の埋立地には小野田セメント(現、太平洋セメント)大船渡工場や木材工業団地が造成され、また魚市場を中心に冷凍、缶詰(かんづめ)工場などが立地し、漁業基地としても重要。三陸復興国立公園(旧、陸中海岸国立公園)の南の玄関口でもあり、碁石海岸(ごいしかいがん)(国指定名勝・天然記念物)、珊琥島(さんごじま)(国指定名勝)などの景勝地、ツツジやシャクナゲの群生地として知られる五葉山(ごようざん)県立自然公園、縄文時代の生活文化をいまに伝える蛸ノ浦貝塚(たこのうらかいづか)、下船渡貝塚、大洞貝塚(おおぼらかいづか)(ともに国指定史跡)、日本最古の地層といわれる樋口沢ゴトランド紀化石産地(国指定天然記念物)などがある。面積322.50平方キロメートル(一部境界未定)、人口3万8058(2015)。

[川本忠平]

〔東日本大震災〕2011年の東日本大震災では8メートル以上の津波が市街を襲い、死者422人・行方不明79人、住家全壊2791棟・半壊1147棟を数えた(消防庁災害対策本部「平成23年東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)について(第159報)」平成31年3月8日)。2018年3月現在、基幹産業の水産加工業では冷凍冷蔵施設の復興などは進みつつあるが、漁獲量の減少など新たな問題も生じている。また、市は防災集団移転促進事業などの復興対策事業に取り組んでいる。

[編集部 2019年9月17日]

『『チリ地震津波1960――大船渡災害誌』(1962・大船渡市)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大船渡(市)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大船渡(市)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.