Rakuten infoseek

辞書

大般若経【ダイハンニャキョウ】

デジタル大辞泉

だいはんにゃ‐きょう〔‐キヤウ〕【大般若経】
大乗経典。600巻。唐の玄奘(げんじょう)訳。「仁王(にんのう)経」「般若心経」以外の般若部諸経を集大成したもので、16部からなる。般若波羅蜜の義、諸法皆空の理を説いたもの。大般若波羅蜜多経

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

大般若経
 教典の1つで、最高の真理(般若[はんにゃ])から見るとすべてのものは実体がない(空[くう])だという教えを説いたものです。全部で600巻あります。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

だいはんにゃきょう【大般若経】
大乗仏教の経典。六〇〇巻。唐の玄奘げんじよう訳。別々に成立した般若経典類(「仁王経」と「般若心経」を除く)を集大成したもの。空の思想を説き、真実の智慧(般若)を明らかにする。大般若波羅蜜多経。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

大般若経
だいはんにゃきょう
仏教経典。『大般若波羅蜜多(はらみった)経』の略称。全600巻。中国、唐の玄奘三蔵(げんじょうさんぞう)訳。サンスクリット名はマハープラジュニャーパーラミター・スートラMahprajpramit-stra。この経は、紀元1世紀ごろから個々に成立した般若部の諸経典を集大成した一大叢書(そうしょ)。この経は16部に分かれ、八十余科の名数をあげて、般若波羅蜜、諸法皆空(かいくう)などを明らかにした般若経典集。したがって、この経には、『大品(だいぼん)般若経』『小品般若経』『文殊(もんじゅ)般若経』『金剛(こんごう)般若経』などの諸経典が含まれている。この『大般若経』には、般若経の読誦(どくじゅ)、書写、思索などによる諸功徳(くどく)が説かれていることから、除災招福、鎮護国家などに有益であるとされた。ことにわが国においては、703年(大宝3)文武(もんむ)天皇のとき『大般若経』の転読(経題や経の初中終の数行の略読を繰り返すこと)が行われたことが『続日本紀(しょくにほんぎ)』にみられる。それ以後、わが国では宗派の別なく勅命によりこの転読が行われ、現在でも行われている。[坂部 明]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だいはんにゃ‐きょう ‥キャウ【大般若経】
大乗仏教の初期の経典。サンスクリット原典・チベット語訳とも現存する。六〇〇巻。唐の玄奘(げんじょう)が顕慶五年(六六〇)元旦から約四年をかけて翻訳した。空(くう)を説く般若経典類を集大成したもので、四処一六会に分かれる。大般若波羅蜜多経。大般若。
※続日本紀‐大宝三年(703)三月辛未「詔四大寺大般若経

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大般若経」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大般若経の関連情報

関連キーワード

低圧線全国丼サミット電線バナー広告朝日訴訟朝日訴訟遣隋使重複保険補色明治大学オフィシャルグッズ(雑貨)

他サービスで検索

「大般若経」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.