Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

大膳職【ダイゼンシキ】

デジタル大辞泉

だいぜん‐しき【大膳職】
律令制で、宮内省に属し、宮中の食事や儀式饗膳(きょうぜん)などをつかさどった役所。おおかしわでのつかさ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おおかしわで‐の‐つかさ〔おほかしはで‐〕【大職】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

だいぜんしき【大膳職】
令制の宮内省所属の官司。和訓は〈おほかしはてのつかさ〉。職員は,大夫(長官),亮(次官),大進・少進(判官),大属・少属(主典)各1人,主醬,主菓餅(品官)各2人,膳部(かしわで)(伴部)160人,雑供戸(品部)等。朝廷における恒例・臨時の職務に携わる官人等には,俸禄とは別に主食,副食,調味料が素材または調理品の形で給食されるが,主食は大炊寮が担当し,大膳職は副食,調味料の調達,製造,調理,供給を担当した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

おおかしわてのつかさ【大膳職】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

大膳職
だいぜんしき

古代の中央官庁。宮内省(くないしょう)の管轄で、諸国の調(ちょう)の品物を出納し、宮中の官人の食事や朝廷での会食の調理を担当した。正五位(しょうごい)の大夫(だいぶ)(長官)以下役人4人、主醤(ひしおのつかさ)・主菓餅(くだもののつかさ)各2人、調理をする膳部(かしわで)160人、使部(つかいべ)30人、直丁(じきちょう)2人、駈使丁(くしちょう)80人、ほかに鵜飼(うかい)や網引(あびき)(網曳)などの雑供戸(ざつくこ)が所属した。平城宮跡の調査により、奈良時代の大膳職は第一次大極殿(だいごくでん)地区の北側と推定されている。巨大な井戸3か所とそれを囲む建物跡44棟、土坑約20、膨大な量の食器類とともに、地方からの貢進物である米・クルミや塩・海藻・ウニなどの海産物の荷札木簡が多数出土しており、これらの食料がここで調理されたことがわかる。また小豆・醤(ひしお)・酢・「未醤(みそ)」等を請求した文書木簡もある。

[岩本次郎]

『奈良文化財研究所編・刊『平城宮発掘調査報告Ⅱ・Ⅳ』(1962・1966)』『直木孝次郎著「平城宮跡出土の木簡と大膳職」(『奈良時代史の諸問題』所収・1968・塙書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おおかしわで‐の‐つかさ おほかしはで‥【大膳職】
〘名〙 令制での官司の一つ。宮内省に属し、宮中の膳のことをつかさどる。職員に大夫、亮、大少進、大少属各一人の四等官のほかに、主醤二人、主菓餠二人、膳部一六〇人その他がある。だいぜんしき。〔二十巻本和名抄(934頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だいぜん‐しき【大膳職】
〘名〙
① 令制での官司の一つ。宮内省に属し、宮中の食饌を作り、配膳することをつかさどる。職員に大夫、亮、大少進、大少属各一人の四等官のほかに、主醤二人、主菓餠二人、膳部一六〇人その他がある。おおかしわでのつかさ。大膳。
※続日本紀‐和銅六年(713)六月癸丑「始置大膳職史生四員

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だいぜん‐しょく【大膳職】
〘名〙
① 明治一九年(一八八六)二月四日、宮内省に置かれた役所で、供御(くご)・宴饗・賜饌のことをつかさどり大夫・亮などの職員がいた。同二二年七月の官制改正により、膳部長、同副長、膳部、膳部補などを加えて、機構が整備されたが、同四〇年一一月に大膳寮と改称。大膳。
※明治職官沿革表(1886‐94)二「大膳職 大夫 一人 勅任」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大膳職」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大膳職の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.