Rakuten infoseek

辞書

大聖【ダイショウ】

デジタル大辞泉

だい‐しょう〔‐シヤウ〕【大聖】
仏道の悟りを開いた人の尊称釈迦(しゃか)。菩薩(ぼさつ)にもいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たい‐せい【大聖】
聖人の中でも特にりっぱな人格を備えている人。最もすぐれた聖人

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

だいしょう【大聖】
〘仏〙 仏を敬っていう語。大聖主。 〔「たいせい」と読めば別語〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たいせい【大聖】
非常に人格のすぐれた聖人。徳が最も高い聖人。 → だいしょう(大聖)

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おおき‐ひじり おほき‥【大聖】
〘名〙 非常にすぐれた聖人。大聖人。たいせい。
※万葉(8C後)三・三三九「酒の名を聖と負せしいにしへの大聖(おほきひじり)の言のよろしさ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だい‐しょう ‥シャウ【大聖】
〘名〙 仏語。仏の異称。また、菩薩や声聞(しょうもん)にもいう。
※万葉(8C後)五・八〇二・序文「至極大聖尚有子之心
※浄瑠璃・蘆屋道満大内鑑(1734)五「なむ大聖(タイシャウ)文珠薩埵一たびむすびしきゑんをたがへず」 〔無量寿経‐上〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たい‐せい【大聖】
〘名〙
① もっともすぐれた聖人。知徳にすぐれ、物事の道理に明るい偉大な人。
※経国集(827)二〇「帝舜之所重、大聖同致、所立殊途、垂教之旨貞而言之」 〔後漢書‐列女・袁隗妻伝〕
② 君主、天皇の考えを敬っていう語。
※文机談(1283頃)二「皇化の大聖をめぐらして叡察をくだしましますべし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大聖」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大聖の関連情報

他サービスで検索

「大聖」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.