Rakuten infoseek

辞書

大経師昔暦【ダイキョウジムカシゴヨミ】

デジタル大辞泉

だいきょうじむかしごよみ〔ダイキヤウジむかしごよみ〕【大経師昔暦】
浄瑠璃。世話物。3巻。近松門左衛門作。正徳5年(1715)大坂竹本座初演。京都の大経師の妻おさんと手代茂兵衛との密通事件を脚色したもの。近松三姦通物(かんつうもの)の一。通称「おさん茂兵衛」。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

だいきょうじむかしごよみ【大経師昔暦】
(1)人形浄瑠璃。世話物。3巻。近松門左衛門作。1715年(正徳5)春ごろ大坂竹本座初演。1683年(天和3)に処刑された大経師家の女房おさんと手代茂兵衛との密通事件を題材にした作品で,その三十三回忌を当て込んで上演された。この話はすでに西鶴の《好色五人女》や歌祭文などに取り上げられ広く人口に膾炙(かいしや)していたが,本作にあっては,それが,闇紛れの人違いのために止むなく起こってしまった〈意志なき姦通〉として構想されているという点に最大の特色があるといえる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

だいきょうじむかしごよみ【大経師昔暦】
人形浄瑠璃、世話物の一。近松門左衛門作。1715年初演。京都四条烏丸からすまの大経師の妻おさんが手代の茂兵衛と不義に陥り、処刑された事件を脚色したもの。「堀川波鼓ほりかわなみのつづみ」「鑓の権三重帷子やりのごんざかさねかたびら」とともに近松三姦通物の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

大経師昔暦
だいきょうじむかしごよみ
浄瑠璃義太夫節(じょうるりぎだゆうぶし)。世話物。三巻。近松門左衛門作。1715年(正徳5)春ごろ大坂・竹本座初演。京都の大経師の妻おさんと手代茂兵衛(もへえ)が下女お玉の仲介で密通し、1683年(天和3)に3人とも処刑された事件を、その三十三回忌に当て込んで脚色。同題材をおさんの愛欲本位に扱った井原西鶴(さいかく)の『好色五人女』や歌祭文(うたざいもん)などに比べ、姦通(かんつう)の動機を、おさんが夫意俊(いしゅん)の下女お玉への邪恋を懲らしめるため、お玉と寝所を取り替えたことによる、暗(くら)まぎれの人違いでおきた偶然の過ちとし、事件がおさんの両親、お玉の伯父赤松梅竜(ばいりゅう)など、周囲に及ぼす悲劇を克明に描いた点に特色がある。『堀川波鼓(ほりかわなみのつづみ)』や『鑓(やり)の権三重帷子(ごんざかさねかたびら)』とともに近松の三大姦通物とされるが、江戸時代には1740年(元文5)に改作された『恋八卦柱暦(こいはっけはしらごよみ)』がもっぱら上演されてきた。
 近代以降は新解釈脚本も多くつくられ、第二次世界大戦後は、川口松太郎作『おさん茂兵衛』(のち『近松物語』と改題)が好評を受け、これは溝口健二監督で映画化(1954)もされた。[松井俊諭]
『森修・鳥越文蔵校注・訳『完訳日本の古典56 近松門左衛門集』(1984・小学館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大経師昔暦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大経師昔暦の関連情報

他サービスで検索

「大経師昔暦」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.