Rakuten infoseek

辞書

大筋【オオスジ】

デジタル大辞泉

おお‐すじ〔おほすぢ〕【大筋】
物事の内容のだいたいのところ、また、基本的なところ。あらまし。大略。「話の大筋をつかむ」「大筋合意に達する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

おおすじ【大筋】
物事の、細かい点を切り捨てた、大まかなところ。大略。あらまし。 事件の- -で合意に達した

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おお‐すじ おほすぢ【大筋】
〘名〙
① 物の表面に現われた線のやや太いもの。太い縞。
※宗湛日記‐慶長一〇年(1605)五月二五日「釜は古のかつき、肩に大筋あり。脇に小筋」
② 筋肉、腱の太いもの。
※三河物語(1626頃)三「あしの大すぢをきりて」
③ 物事の内容の大体のところ。また、根本的なところ。あらすじ。大略。大綱。
※玉塵抄(1563)六「仁義の大すぢの道は一ぞ」
④ 大きなウナギ。
※歌舞伎・謎帯一寸徳兵衛(1811)中幕「『コレ、こんな大筋(オホスヂ)を四五本取ったワ』と手盥(てだらひ)の中の鰻を見せる」
⑤ 和船の部材の名称。弁才船など大型和船の垣立(かきだつ)を構成する二~五本の縦通材を筋といい、表垣立の最下部を通すもっとも幅の広い筋をいう。釘かくしの金具で装飾されるため、玉縁とも。〔森岡家文書‐要徳丸新艘帳(1844)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大筋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大筋の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.