Rakuten infoseek

辞書

大矢数【オオヤカズ】

デジタル大辞泉

おお‐やかず〔おほ‐〕【大矢数】
江戸時代、陰暦4、5月に京都三十三間堂などで行われた通し矢の競技。日暮れから翌日の暮れまでの一昼夜に数千本から一万数千本を射つづけて、その数の多さを誇った。 夏》「―弓師親子もまゐりたる/蕪村
[補説]書名別項。→大矢数

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おおやかず【大矢数】[書名]
江戸前期の俳諧集。5冊。井原西鶴著。延宝8年(1680)に大坂生玉(いくたま)社で、京都三十三間堂の大矢数にならって1日に四千独吟を成し遂げ、翌年出版したもの。西鶴大矢数

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おおやかず【大矢数】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おおやかず【大矢数】
江戸時代、京都の三十三間堂などで行われた通し矢の競技。夕刻から翌日の日暮れまでの一昼夜の間に、堂の長さ六六間(約120メートル)を射通した矢数の多さを競いあった。 → 小矢数こやかず
矢数俳諧に同じ。大句数。
西鶴さいかく大矢数

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

大矢数
おおやかず
江戸時代に京都・東山(ひがしやま)および江戸・深川の三十三間堂で催された通し矢の行事のことで、堂の前庭で行われたところから堂前(どうまえ)ともいわれる。陰暦4、5月ごろの吉日を選び、全国から弓の達人が参集して、日暮れから翌日の日暮れまで一昼夜射続け、堂の長さ66間(約120メートル)を射通した矢数の多いのを誇りとした。日の出から日没まで行うものを小(こ)矢数または日(ひ)矢数といい、一昼夜に及ぶものを大矢数といって、夜間は篝火(かがりび)をたき、武士や町人の見物人も多く、勇壮な行事として知られ、その年の最高位を「総一」「弓の天下」などと称し、扁額(へんがく)を堂に掲げてたたえた。総矢数の最高は1686年(貞享3)の8133本と伝えられているが、1895年(明治28)の4457本を最後に絶え、現在は、成年に達した男女が記念のために京都の三十三間堂で行う通し矢の催しとして名残(なごり)をとどめている。[佐藤農人]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おお‐やかず おほ‥【大矢数】
[1] 〘名〙
① 近世、陰暦四、五月に、京都および江戸深川の三十三間堂で行なわれた通し矢の競技。弓の達人がその腕前を試みたもので、射手は、堂の長さ六六間(約一二〇メートル)を射通して、日暮れから翌日の日暮れまでの一昼夜に、数千本から一万数千本の矢を射続け、その矢数の多いのを誇りとした。矢数。⇔小矢数。《季・夏》
※俳諧・西鶴大句数(1677)序「天下の大矢数は星野勘左衛門其名万天にかくれなし」
② 俳諧で、一人が一日一夜に続けざまに句を吟じ、その速さと句数の多さとを誇るもの。矢数俳諧。
※俳諧・西鶴大矢数(1681)第二五「駟(し)も舌に及ばぬ事ぞ大矢数〈守之〉 蛍飛んでは車四千句〈西鶴〉」
[2] 江戸前期の俳諧集。西鶴大矢数。五巻。井原西鶴作。延宝九年(一六八一)刊。延宝八年五月七日、「大句数」の記録を破られた西鶴が名誉を回復するために大坂生玉社南房の一日一夜の興行で詠んだ四千句の俳諧独吟集。
[語誌](一)①の式法にならった(一)②の矢数俳諧は、延宝五年(一六七七)五月、西鶴が大坂生玉本覚寺で一六〇〇句を興行し、「大句数」として刊行したのに始まる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大矢数
おおやかず
矢数俳諧」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大矢数」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大矢数の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.