Rakuten infoseek

辞書

大矢市次郎【おおやいちじろう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大矢市次郎
おおやいちじろう
[生]1894.2.11. 東京
[没]1972.5.28. 東京
新派俳優。 1907年伊井蓉峰一座で子役として初舞台を踏む。その後伊井門下の藤井六輔の弟子となったが,23年『不如帰 (ほととぎす) 』の博多公演で伊井に認められ,その直門に加えられた。 39年花柳章太郎らと新生新派を結成。川口松太郎作『明治一代女』の巳之吉など特異な脇役で真価を発揮,やがて独特の風貌と声が珍重されて,新派を支える中心俳優の一人となった。ほかに『婦系図』のめの惣,『鶴八鶴次郎』の佐平,『日本橋』の五十嵐伝吾などが当り役。 62年日本芸術院賞受賞。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

大矢市次郎 おおや-いちじろう
1894-1972 大正-昭和時代の舞台俳優。
明治27年2月11日生まれ。14歳で藤井六輔の門弟となり,藤川栄六を名のった。大正13年伊井蓉峰(ようほう)の直弟子となる。昭和14年花柳(はなやぎ)章太郎らとともに新生新派を結成。しぶい演技に定評があった。当たり役に「明治一代女」の巳之吉など。昭和47年5月28日死去。78歳。東京出身。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

おおやいちじろう【大矢市次郎】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

大矢市次郎
おおやいちじろう
(1894―1972)
俳優。本名同じ。東京・浅草生まれ。14歳で新派俳優藤井六輔(ろくすけ)の門下となり、真砂(まさご)座で初舞台を踏む。以後地方の芝居を転々としたが、1924年(大正13)伊井蓉峰(ようほう)に認められ東京の新派に入り、脇役(わきやく)としての地位を築いた。38年(昭和13)花柳(はなやぎ)章太郎とともに新生新派を結成、風格のある演技は新派に不可欠のものであった。『浪花女(なにわおんな)』『風流深川唄(うた)』で花柳の相手役を勤めたほか、当り役に『明治一代女』の己之吉(みのきち)、『大寺(おおでら)学校』の大寺校長などがある。[菊池 明]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大矢市次郎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大矢市次郎の関連情報

関連キーワード

賄賂罪日清戦争史(年表)請託アッタロス[1世][各個指定]工芸技術部門津野[町]職権濫用罪フラミニヌスアッタロスアッタロス1世

他サービスで検索

「大矢市次郎」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.