Rakuten infoseek

辞書

大番役【おおばんやく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大番役
おおばんやく
平安,鎌倉時代に行われた皇居,摂関家,幕府の警固番役。平安時代後期,令制の衛士が衰退したため,皇居の警固に武士をあてたのがその始り。鎌倉幕府成立後は全国の御家人に課すのを原則とした。期間は3~6ヵ月で御家人は催促に応じてこれをつとめた。のちに幕府警固のため,鎌倉番役が設けられると,東国武士がこれにあたり,京都大番役には主として西国御家人があたることとなったが,異国警固番役勤仕の御家人は免除された。摂関家では家領からこれを徴集し,摂関家大番役といった。鎌倉幕府のあと,建武政府も大番役を課したが,室町幕府にはこの制度はなかった。 (→大番 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おおばん‐やく〔おほバン‐〕【大番役】
平安末から鎌倉時代、内裏・院の御所や京都市中の警固役京都大番役)。御家人役の一つで、諸国の武士が交代で当たり、守護惣領指揮に従った。承久の乱以後、将軍御所を警備する鎌倉大番役制度化された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おおばんやく【大番役】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おおばんやく【大番役】
平安・鎌倉時代、京都の内裏・諸門などの警固役。京都大番役のほか、幕府所在の鎌倉の警固にあたるものを鎌倉大番役といった。大番。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

大番役
おおばんやく
平安時代後期および鎌倉時代の内裏(だいり)や院御所の諸門の警固役。京都大番役、内裏大番、大内(おおうち)大番などともいう。前代の衛士上番(えじじょうばん)にかわるもので、諸国の武士が交替で勤仕した。平治(へいじ)の乱(1159)後からみられ、当時の国衙(こくが)軍制の公役(くやく)に由来するものと考えられるが、平氏の家人(けにん)制との関係や賦課形態など不明な点が多い。鎌倉幕府成立当初は、平氏政権期の慣行に従って、広く荘園(しょうえん)・公領の下司(げし)や押領使(おうりょうし)などに勤仕させているが、しだいに御家人のみの所役となった。承久(じょうきゅう)の乱(1221)後、侍所(さむらいどころ)と六波羅探題(ろくはらたんだい)が統轄し、守護を通じて国内の御家人に交替で勤仕させる方式が確立した。かくて、守護の権限である大犯(だいぼん)三か条の一つに「大番催促」とあるように、平時において守護が国内の御家人を統率するもっとも重要な手段となった。ただし、有力な御家人のなかには幕府から直接催促を受けた者もある。催促状は、おおむね半年ないし1年前に出され、勤仕期間は3か月ないし6か月であった。また勤仕の周期は10年前後が普通であったらしい。大番役の負担は所領内の百姓に転嫁されることが多かったので、しばしば紛争が起こっており、幕府は百姓への転嫁をできるだけ制限する法令をたびたび発している。なお、大番役に類似したものに洛中(らくちゅう)の警衛にあたる在京役がある。これは、在京御家人とよばれた畿内(きない)・西国の特定の御家人を選んで勤仕させたもので、その宿衛所である篝屋(かがりや)にちなんで篝屋番役ともいった。[小山靖憲]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おおばん‐やく おほバン‥【大番役】
〘名〙 平安・鎌倉時代の主として内裏と院御所の警固役。他に京都市中の警備や天皇や院の行幸に供奉することもあった。平安末期に衛士上番の制度が衰えて武士にかわったもの。鎌倉時代には、御家人役の随一として守護や惣領の指揮に従って勤番した(京都大番役)。任期は三~六か月。のちには在京御家人と異国警固役に従う御家人は免除された。承久の乱の後は将軍御所を警固する鎌倉大番役が制度化した。また、摂関家にもあって家領の荘民が勤番した。室町幕府にはこの制度はなかった。大番。大番勤。
※平家(13C前)五「畠山の庄司重能、〈略〉大番役にて、おりふし在京したりけり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大番役」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大番役の関連情報

他サービスで検索

「大番役」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.