Rakuten infoseek

辞書

大田原藩【おおたわらはん】

藩名・旧国名がわかる事典

おおたわらはん【大田原藩】
江戸時代下野(しもつけ)国那須郡大田原(現、栃木県 大田原)に藩庁をおいた外様(とざま)藩。藩校は時習館(じしゅうかん)。藩主の大田原氏は、中世以来、豪族那須氏の有力な国人(こくじん)だった。豊臣秀吉(とよとみひでよし)小田原征伐に大田原晴清(はるきよ)が参陣、7000余石の所領を安堵(あんど)された。関ヶ原の戦いでは東軍に与して徳川家康(とくがわいえやす)から5000石加増され、1万2000石の大名となった。以後明治維新まで14代にわたり存続した。幕末の戊辰(ぼしん)戦争 では新政府に与したため、会津藩に城下を焼き払われた。1871年(明治4)の廃藩置県により、大田原県、宇都宮県を経て、73年栃木県に編入された

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

大田原藩
おおたわらはん
下野(しもつけ)国大田原(栃木県大田原市)に居城を置いた外様(とざま)大名の小藩。藩主の大田原氏は、古くは大俵(おおたわら)とも書き、中世以来、豪族那須(なす)氏の有力部将として那須七騎の一人として活躍した。1590年(天正18)那須氏滅亡後もそのまま生き残り、関ヶ原戦後の加増を受け近世大名になり、藩が成立した。領地は居城のある那須郡を中心に、芳賀(はが)、塩谷(しおや)の下野国3郡にまたがる87村、1万1417石である。戊辰(ぼしん)戦争では新政府側に属したため、会津(あいづ)兵に城下を焼き払われている。廃藩後、大田原県、宇都宮県を経て1873年(明治6)栃木県の管轄となる。[奥田謙一]
『『大田原市史』前後編(1982・大田原市) ▽益子孝治著『維新と大田原藩』(1982・大田原風土記会) ▽蓮実長著『那須郡誌』(1970・下野新聞社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大田原藩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大田原藩の関連情報

他サービスで検索

「大田原藩」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.