Rakuten infoseek

辞書

大王【だいおう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大王
だいおう
三重県志摩半島南東端の地区。旧町名。 1954年波切 (なきり) 町,船越村,名田村が合体して発足。地名は大王崎にちなむ。 2004年 10月,浜島町,志摩町,阿児町,磯部町と合併し,志摩市となる。中心地区の波切は太平洋に突出した大王崎の基部に位置し,カツオを中心とする遠洋漁業の基地で,周辺ではアワビ,サザエなどの海女漁業が行なわれ,磯釣りの名所でもある。南部の船越は英虞 (あご) 湾に臨み,真珠,ハマチの養殖漁業が行なわれる。農業は米,ムギを主として産する。全域が伊勢志摩国立公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

だい‐おう〔‐ワウ〕【大王】
勢力や功績のある王に対する敬称。「アレキサンダー大王

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おおきみ【大王】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

だいおう【大王】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

だいおう【大王】
王を敬っていう語。
親王・諸王を敬っていう語。
大和朝廷の首長のこと。「おおきみ」を表す用字に基づく語。
「閻魔大王」の略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だい‐おう ‥ワウ【大王】
[1] 〘名〙
① 王の敬称。
※大安寺伽藍縁起并流記資財帳‐天平一九年(747)「唯命受賜而、奉為遠皇祖并大王及継治天下天皇御世御世、不絶流伝此寺」
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉三「大王屡々僕を憐むといふことを宣へども」 〔史記‐樊噲伝〕
親王の称。
※源氏(1001‐14頃)明石「物のせちにいぶせき折々は、かきならし侍りしを、あやしう、まねぶ者の侍こそ、自然に、かの、ぜむ大王の御てにかよひて侍れ」
③ 「大王の宮」の略か。一説に「大后」の誤かとする。
※篁物(12C後か)「女の身には大王、みかどには誰をかをと」
[2] 閻魔(えんま)大王をいう。
説経節・あいごの若(山本九兵衛板)(1661)四「大わう聞召、わかくるしみはかなします、子ゆへのつみにまよふとは、御身が事を申かや」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大王」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大王の関連情報

他サービスで検索

「大王」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.