Rakuten infoseek

辞書

大王崎【だいおうざき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大王崎
だいおうざき
三重県志摩半島南東端の遠州灘熊野灘にあたり,志摩市に属する。平坦な海食台地 (先志摩台地) の先端に位置し,約 30mの断崖をなす。古来航海難所として有名。 1927年完成の大王灯台がある。付近は磯釣りの好適地。岬の基部の波切 (なきり) は漁港で,カツオ・マグロ漁業の基地伊勢志摩国立公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

だいおう‐ざき〔ダイワウ‐〕【大王崎】
三重県、志摩半島南東端の岬。断崖上に灯台がある。伊勢志摩国立公園景勝地の一。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

だいおうざき【大王崎】
三重県東部,志摩半島南東端の岬。志摩郡大王町波切(なきり)にあり,太平洋に突出する海食崖の先端に大王埼灯台が立つ。には立島,大王島などの岩礁があり,古来海の難所であった。岬からの太平洋の豪壮な風景は伊勢志摩国立公園の一中心で,志摩半島の中心阿児町鵜方との間は国道260号線で結ばれる。岬一帯は宮山といわれ,集落の産土神(うぶすながみ)をまつる波切神社もここにある。毎年9月には〈わらじ曳き〉の神事が行われる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

だいおうざき【大王崎】
三重県東部、志摩半島南東端の岬。伊勢志摩国立公園の一中心。南端に白亜の大王埼灯台、背後の波切には密集する漁家・防風石垣がある。また、九鬼氏の居城、波切城の跡地。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

大王崎
だいおうざき
三重県中東部、志摩半島(しまはんとう)南東端の岬。熊野灘(くまのなだ)と遠州灘の境に突出し、航海の難所として知られ、岬一帯は波切(なきり)とよばれる。砂岩と泥板岩の互層を基盤とする海成台地の先端が波食を受け、約30メートルの断崖(だんがい)となり、崖下には岩礁が散在する。崖上に1927年(昭和2)築造の白亜の大王埼灯台があり、その下に砕ける怒濤(どとう)は、女性的な志摩半島のなかで男性的な景観として知られる。灯台への登り口に土産物(みやげもの)店が並ぶ。近畿日本鉄道志摩線鵜方(うがた)駅からバスの便がある。[伊藤達雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だいおう‐ざき ダイワウ‥【大王崎】
三重県志摩半島の南東端にある岬。遠州灘と熊野灘との境に突出する。三〇~五〇メートルの海食崖を形成し、航海の難所として知られた。伊勢志摩国立公園の一部。大王岬。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大王崎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大王崎の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.