Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

大炊寮【オオイリョウ】

デジタル大辞泉

おおい‐りょう〔おほひレウ〕【大炊寮】
律令制で、宮内省に属し、諸国からの雑穀を収納し、また、それを諸官庁に分配することなどをつかさどった役所。おおいづかさ。おおいのつかさ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おおい‐づかさ〔おほひ‐〕【大寮】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おおいりょう【大炊寮】
供御稲粟の舂備,諸国舂米(しようまい)の収納,雑穀の諸司分給,諸司食料の支給をつかさどる宮内省管轄の令制官司。職員は頭(かみ)・助(すけ)・允(じよう)・大属(さかん)・少属各1人,大炊部60人,使部20人,直丁2人,駈使丁30人。718年(養老2)史生4人増員。《日本書紀》天智10年(671)是歳条の大炊省は前身の官司。収納施設は大炊寮廩院。炊爨(すいさん)施設は炊屋(かしきや)で8基の竈(かまど)・かなえ)()を備えていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

大炊寮
おおいりょう

令制(りょうせい)官司の一つで宮内(くない)省の被官。養老(ようろう)職員令によると、諸国の舂米(しょうまい)(舂(つ)いて精白した米)や雑穀を収納し、現物のまま、あるいは炊飯して諸司に分給することを掌(つかさど)った。職員は、頭(かみ)1人、助(すけ)1人、允(じょう)1人、大・少属(さかん)各1人、大炊部(べ)60人など。官司としての初見は671年(天智天皇10)で、720年(養老4)に史生(ししょう)4人が配属された。頭は従(じゅ)五位下相当官で、平安時代末以降は中原氏が世襲することとなった。

[柳雄太郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おおい‐づかさ おほひ‥【大炊寮】
〘名〙
※書紀(720)天智一〇年一二月(北野本訓)「大炊(オホヒツカサ)に八つの鼎の鳴る有りて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おおい‐りょう おほひレウ【大炊寮】
〘名〙 令制で宮内省に属する官司の一つ。諸国からの田租のうち搗米(つきごめ)を収納し、雑穀も納め、その種類によって諸司に分給する事務などをつかさどる。職員に、頭・助・允・大少属各一人のほかに大炊部六〇人その他がある。おおいづかさ。おおいのつかさ。〔令義解(718)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大炊寮」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大炊寮の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.