Rakuten infoseek

辞書

大火災【ダイカサイ】

デジタル大辞泉

だい‐かさい〔‐クワサイ〕【大火災】
大きな火災。広範囲にわたる火事大火(たいか)。大火事

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だい‐かさい ‥クヮサイ【大火災】
〘名〙
① 広い範囲にわたる火事。大きな火災。大火事。
※小津桂窓宛馬琴書簡‐天保四年(1833)七月一七日「五月廿二日松前城下大火災、凡三千軒許延焼」
② 仏語。大の三災の一つ。三千大千世界が同時に滅尽するという壊劫(えこう)の最後、第二十中劫の時におこる天災で、連続七回おこるといい、欲界の地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間の五趣ことごとくを焼きつくし、色界の初禅天に至ってようやく止むという。
※神皇正統記(1339‐43)上「かくて大火災と云ことおこりて、色界の初禅梵天までやけぬ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大火災」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大火災の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.