Rakuten infoseek

辞書

大漁旗【タイリョウバタ】

デジタル大辞泉

たいりょう‐ばた〔タイレフ‐〕【大漁旗】
漁船が帰港するとき、大漁であったことを知らせるために掲げるのぼり

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

たいりょうばた【大漁旗】
大漁を祝い知らせる旗。たいりょうき。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域ブランド・名産品

大漁旗[染織]
たいりょうばた
九州・沖縄地方、宮崎県の地域ブランド。
延岡市で製作されている。大漁旗は、大漁を感謝し、再び大漁を願うなど、海事にまつわる祝事のたびに船高く掲揚される。などのさまざまな絵模様と鮮やかな色彩で表現される。まず、柳炭で生地下絵を描き、下絵に沿って染色の際に色がにじまないように、のり置きをする。のりを乾燥させた生地にはけで手染めをおこない、水洗、乾燥した後、仕立てをして完成させる。染色は、最近ではあまり見られなくなった筒描きによりおこなわれる。のりをにいれて手描きする伝統的な技法で、長年の経験が必要とされる難しい作業である。宮崎県伝統工芸品。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たいりょう‐ばた タイレフ‥【大漁旗】
〘名〙 漁船が帰港するときに、大漁だったことを知らせるために掲げる旗やのぼり。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大漁旗」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大漁旗の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.